サムライ [DVD]

  • 15人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
監督 : ジャン=ピエール・メルヴィル 
出演 : アラン・ドロン  フランソワ・ペリエ  ナタリー・ドロン  カティ・ロジエ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111249784

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サムライ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 先月、引退を表明されたアラン・ドロンの映画を観賞してみました。

    1967年、フランス映画。監督・脚本はジャン=ピエール・メルヴィル。
    主演はアラン・ドロン。共演は、警部役のフランソワ・ペリエ、アラン・ドロン演じるジェフ・コステロの恋人役で本当の妻であったナタリー・ドロン、その愛人ヴィエネル役に映画監督でもあったミシェル・ポワロン、そして、クラブのピアニストで重要な証人となったカティ・ロジェなど。

    「サムライの孤独ほど深いものはない。ジャングルに生きるトラ以上にはるかに孤独だ。」『武士道』

    冒頭で語られるこのイントロは実はジャン=ピエール・メルヴィル監督の創作とのことです。武士道が実際であった時代の日本で、トラの生態などわかるはずもないですしね。(笑)

    この映画はアラン・ドロン演じる無口で険しい表情の殺し屋をただひたすらカメラが追っているかのような作品です。まさしくハードボイルドな世界に生きるクールな「男」そのものを描いたといっても良いでしょう。ひえー、かっちょえー!(笑)
    ただひとつの安らぎは部屋で飼う小鳥。降りかかる火の粉はたんたんと処理し、依頼の遂行には万端を期す男。それがアラン・ドロン演じるジェフ・コステロ。
    しかもなぜか女にはモテる・・・。ぐえー、こんな奴、大キライだー!(笑)
    スーツにネクタイにトレンチコートでびしっと決めて、紳士帽を被って右手で帽子のつばをすっとなぞるところなんかは男のダンディズムそのものでした。
    当時は真似する奴が続出したんじゃないですかね?(笑)

    しかし冷静に考えてみると、ダンディズムを追求してクールな割には殺しの直後を女に目撃され、さらには警察に疑われて勾留されるなど、案外ドジなんじゃないですかね?(笑)ゴルゴ13なら絶対に考えられないです!(笑)
    あんなにじゃらじゃらと大量の鍵も持ち歩いていて、実際にすれ違ったらおそらく変な人だと認識するかもしれません。(笑)

    それにしてもこの映画の出演女優さんは美人揃いですね。セリフのある女優さんは皆キレイです。しかも、それぞれどこかミステリアスなんですよね。
    さすがフランス映画!(?)
    ハードボイルドな殺し屋にはやはりこのような美女軍団が本当に似合うんですよね。
    ラストもミステリアスでしたけど。(笑)
    よくわからないですけど、この辺りも「武士道」だったということなのかなあ。

    ただひたすらアラン・ドロンのダンディでクールな「男」の姿を堪能する映画です。
    いつか真似してやるう~。(笑)

  • なんて綺麗な男なんだろう。すべてのトーンが均一でいい。アラン・ドロン演じるジェフ・コステロは孤独の中に生きている。鳥がいるだけの部屋もいい。ギリギリの境目をずーっと歩いて足を踏み外したら、死ぬだけだ。でも、そこに生きているんだなぁと思った。サムライの意味は腹切りってことらしい。なるほどね。それにしても美しすぎる映画でした。

  • 主人公の殺し屋の背景が語られないためミステリアスで孤高な雰囲気が強い。無口で食事シーンもラブシーンもなく、怪我をしても生々しくない主人公。綺麗な顔とあいまってまるで人形みたいだ。下手をすると薄っぺらと思われるようなストーリーや人物の掘り下げだけど、観た者が補完できるのでそんなに気にならない。
    アラン・ドロンだからこそ成り立ったかもしれないけれど、フィルム・ノワールの名作といわれるだけあってかっこよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする