いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOX

  • 32人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 並木道子  石井祐介  髙野舞 
出演 : 有村架純  高良健吾  高畑充希  西島隆弘  森川葵 
  • ポニーキャニオン (2016年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632150576

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOXの感想・レビュー・書評

  • 恋をしている人たちがいっぱい出てくるけど、誰の想いを切り取ってみてもその登場人物が「どうしてその人のことを好きなのか」が、しみじみと温かく伝わってくる気がする。

  • 録画したドラマ見終わりました。
    静かに進むストーリー。久しぶりに純粋な人がいっぱいのドラマだと思いました。
    誰が見ていなくても、自分に対して真面目にひたむきに頑張って行こうと思う・・・前向きになれるドラマでした。

  • 地方出身の若者たちが、東京で懸命に生きる物語。
    勤め先がブラック企業だったり、自分の本当の気持ちに蓋をして違う人と付き合っていたり。。。

    上手くまとまらないけど、ドラマチックな展開や派手な演出は極力除いて、登場人物たちの心情を丁寧に描いた作品だったと思う。
    結構自分でも考えながら視聴しないと、「どうしてここでこんなこと言うんだろう」と思ってしまうことも。
    mixiのドラマトピックの皆様の意見を呼んでなるほどと気付かされることもしばしば。
    配役がみんなピッタリだった。
    練くんの底知れぬ優しさ、音のまっすぐさが身に沁みた。
    いつか時間を見つけて全話一気見したい。
    久しぶりに毎週月曜日が待ち遠しかった。
    ラストシーン大好き。

  • とてもよかったと思う。前回の月9(5時から9時まで)がラブコメディの要素が強く、毎回ドタバタしていたドラマだったから特に対照的だった。「いつ恋」は毎回映画のような雰囲気を出していて、淡々と進むけれど視聴者を引きつけるものがあったと思う。月9にしては暗い作品で視聴率は悪かったかもしれないけれど見応えはあった。最後の2話はちょっと残念だったなというのが個人的印象。まぁこういう作品は終わり方難しいよね。

  • 第一話から毎週泣いてしまってた気がする。
    音と練が好きで。あの二人に流れる空気が好きで。
    バスの中で「こんばんは」って挨拶する二人が好きで。
    他愛もない会話をする二人が好きでした。

    坂元脚本の言葉がやっぱり好きだ。

  • いつかというその恋はいつやってくるのだろう

    それぞれ別々の土地から東京に集まってきた若者たちの時々方言が出てくる会話がとても面白い。
    キャラクター一人ひとりの仕草やセリフが印象的。
    特に「アメ食べ」

    全員が集まって鍋を囲むシーンで、小夏ちゃんが取り乱してしまった時の八千草さんの神対応が素晴らしい。
    第1話だけの登場になった柄本明と安田顕の存在が意外と大きかった気がする。

    東京に限らず、1人暮らしをしている人たちは勇気づけられる作品になったと思う。
    全体的に寂しくて暗い話でも、その分、温かみのある内容にできていた。

    日本国内なら行けなくはない

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOXはこんな映画です

ツイートする