ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 65人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (20)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : ロバート・ゼメキス 
出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィット  ベン・キングズレー  シャルロット・ルボン  ジェームズ・バッジ・デール 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462104298

ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • なかなかスリリングやった ^_^

    やる事より、やるまでが大変やったんやな。

  • パリ→ニューヨーク:準備→実行
    テンポが良い。
    ジャズがマッチしている。

  • 今はなきワールドトレードセンターの双子ビルで、ただ綱渡りをするだけの話で2時間の映画がもつのか疑問に思っていたけど、さすがはロバート・ゼメキス。凝ったカメラワークや飽きさせない演出法で最後まで観客を惹きつける。特に主人公を筆頭に、クセのある登場人物たちの配置が絶妙。『フォレスト・ガンプ』もそうだけど、70年代のファションや音楽で、当時の気分や空気感を描き出すのは得意なもの。芸術とかアナーキーとかクーデターとか…。でもハラハラしながら観終わってみると、あまり残っているものもない、ただ綱渡りをするだけの映画だったりする。☆3.5

  • すごく周到な準備。
    すごい情熱。
    ジョセフ ゴードン レビットはいい役者だな。

  • 実話、ロープ張るまではハラハラだけど渡るのは意外とあっさりで拍子抜けw しかも何回も往復するし。あと主人公の髪型がズラッぽくて気になってしょうがなかった。

  • 綱渡りそのものもそうだけどそれまでの準備がコメディータッチでなんかオーシャンズ11みたいで面白い
    ただ本番になると「余裕なのかよ」とちょっと拍子抜け
    実際は45分間もロープの上にいたらしい
    「早く降りろよー」ってみんなで声出して言いながら見てたw
    難しくもなく普通にスカッとする映画

  • 脇汗が止まらないし、手汗も止まらなかったので私は高所恐怖症なのでしょうか。
    以前に「マン・オン・ワイヤー」を観ているので話の流れはわかっていたのですが、それでも止まらない、汗、あせ、アセ…
    綱渡りのシーン、心臓に悪すぎて最後の方はイライラしてしまい、もう十分だからさっさとタワーに引き上げて欲しいぃぃぃ!とさえ思ってしまった私です。

    フィリップ・プティの容姿を真似しようとメイクや声色を変えてジョゼフ・ゴードン=レヴィットが頑張ってましたけど、さすがに無理があったように思います(笑

  • シンプルな夢はどんな困難も飛び越えていく。
    思ったよりコミカルな仕上がりで、共犯者となる仲間たちも魅力的。特に師匠!
    見終わってさわやかな気持ちになった。

  • 面白かったです。
    綿密に計算されているプロの技でした。
    でも怖い!
    別に高所恐怖症じゃないけどこの高さは怖いです!

  • 綱渡りだけで2時間持つんかと思ってたけど、最後まで見入った。

  • 仲間を集めて。ミッション遂行ものだが、みんなが協力する動機がもう少し欲しい
    美しさを共有できなかった
    渡るシーンのヒュン感は映画館向き

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする