完全なるチェックメイト [DVD]

  • 82人登録
  • 2.88評価
    • (2)
    • (6)
    • (20)
    • (15)
    • (0)
  • 15レビュー
監督 : エドワード・ズウィック 
出演 : トビー・マグワイア  ピーター・サースガード  リーヴ・シュレイバー  マイケル・スタールバーグ  リリー・レーブ 
  • ギャガ (2016年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921402750

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

完全なるチェックメイト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • チェスの天才ボビー・フィッシャーがソ連の王者スパスキーと戦う。精神を悪化させる様は見ていられないほどで、頭がいいのに陰謀論に手もなく染まってしまうのは衝撃的。将棋の藤井四段とはスケールが違うのかもしれないが、チェスと将棋の違い、国柄の違いを感じさせられた。

  • 歴史上の有名人物が「実は変人でした」「実は心を病んでました」という伝記ドラマ、実にありがちです(「ビューティフル・マインド」とか)。Wikipediaで読む当人の人生のほうがよっぽど面白いというのもよくあること(ボビー・フィッシャーって日本に住んでたのね)。

    チェスの勝負という「内面世界」に入り込むうちに発狂するというのも、想像の範囲内でもあります。東西冷戦と国の威信を賭けた対決という背景は興味深いところはありますけど。

  •  1972年に米ソの威信をかけてソ連の世界チャンピオンと戦ったチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの人生を映画化。

     この映画に描かれていることが事実なら、フィッシャーは分裂病とまではいかないもののそういった気質はあったのだろう。ひょっとしたらそれゆえのチェスの強さかもしれない。
     冷戦時代を受けて米ソの代理戦争として扱われフィーバーする様は滑稽。盗聴されてるというのもあながち妄想でなかった可能性があったりするのが面白い。

  • 主演のトビー マグワイアがとてもよかった。
    主人公が病み、壊れていく姿が痛々しくとても説得力があった。変に美化しすぎていないところもよかった。

  • 非常にストレスを受ける作品。
    ボビー・フィッシャーのストレスというか、精神崩壊というか、がイラついてくる。
    頭使いすぎると、こんなになっちゃうのかね。
    昔の将棋棋士も、こういう人いたような感じだし。

  • [鑑賞方法:レンタルDVD]

    ■感想
    数年前、チェスを覚えたくてちょっとやっていた時に、なんとなくこの史実を知ったけど、チェスが強くてどんなに大金を積まれても、あんな人生は楽しくないな。

    ……実際、チェスを覚えても周囲に出来る人がいなくて、PCの付属ゲーム相手にやっていたけど、一度も勝てなかった……。

  • ボビー・フィッシャーは冷戦下の1972年、最年少でチェスのアメリカ・グランドマスターとなる。
    世界最強国ソ連の王者ボリス・スパスキーに挑戦することになったフィッシャーだったが、初戦で破れ、2戦目は会場に現れず不戦敗だった。世界が注目する中、対局として選ばれた場所は・・・。

    何十手、何百手という先を考える先はまさに狂気の世界。
    それはフィッシャーだけでなく、スパスキーの言動からもわかるのだった。
    将棋ならさらに複雑度の増すのだから、棋士たちの精神力ってすごいなぁと思った。

  • 個人的アイドル、ボビー・フィッシャーの映画だと期待して見たのでちょっとがっかり。そもそも、ソ連のスパスキーに勝つところまでをクローズ・アップしているのががっかり。伝記的ドラマとしては、スパスキーに勝ってからの放浪時代のほうが面白いのに。けっきょく、ボビー・フィッシャーの精神の崩壊を異常事態として劇的に描いただけの、一面的な作品だった。

  • 知らないまま見ましたが、実在の方の話でしょうか。
    見るのちょっと疲れました。

  • ’15 12 27 映画館にて

  • 予告見たときからすっごい期待してたけど面白くなかった

  • 何手先も考えられる頭脳があるからこそ、自分が殺される可能性をいくつも予想してしまうのだろうか。ソ連のチャンピオンがフィッシャーの狂気に引きずられていたのが印象に残る。冷戦の代理戦争的側面はあまり感じられず、フィッシャーの人生の一部を描き出すことに力が入っていたように思った。トビーマグワイヤ、相変わらず格好いい。3試合目のフィッシャーのネクタイの柄がキュート。2016/07/08 TSUTAYA

  • 劇場で鑑賞。
    東西冷戦時代、アメリカとソ連のチェス王者の決戦の物語。

    アメリカ側のチャンピオンはチェスがなければ
    社会で生きていくことが困難であろう奇才なのに対して、
    一方の、ソ連側のチャンピオンは貫禄と風格漂う人格者。

    死闘を繰り広げる過程の中で、
    ソ連側のチャンピオンが徐々に狂気じみていく様が印象的。

    願わくは、もうちょっとえぐるような心理描写と
    米ソの政治的思惑の緊張感が描かれると良い。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

完全なるチェックメイト [DVD]を本棚に登録しているひと

完全なるチェックメイト [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

完全なるチェックメイト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

完全なるチェックメイト [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする