守り人シリーズ電子版 7.蒼路の旅人 [Kindle]

  • 18人登録
  • 5.00評価
    • (6)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 上橋菜穂子
制作 : 佐竹美保 
  • 偕成社 (2016年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

守り人シリーズ電子版 7.蒼路の旅人の感想・レビュー・書評

  • この巻は、シリーズ主人公の一人チャグム皇太子の物語です。青年の幼さの主人公が、その幼さゆえに失敗し、大きな物語に巻き込まれていく。それを乗り越えて新しい決断をするところまでがストーリーです。もう一人の主人公は今回はちょっと名前が出るくらいで、チャグムの独り立ちをあたたかく見守るような気持ちで読ませていただきました。皇太子としての立場から、国と国の政略にどのように対処したらよいのかに悩み、その複雑な政治の世界が繰り広げられ、歴史に興味があれば面白いと思います。そういった意味で、いままでのシリーズとは方向が変わった内容になっています。またこの巻で完結している内容ではなく、今後のこのチャグムの旅がどのように動いていくのか、その序章にあたるような内容です。

  • 電子版で一気にここまで読み終わりました。あの小さかったチャグムが、国と国の攻防や策略に身を投じていく姿が勇ましくも痛ましい。そして、終わり方が!!

    めっちゃ続きが気になるっ!

    電子版ではここまでしかリリースされていないので、早速本屋さんで続きを買ってきました。天と地の守り人3部作も、あっという間に読んでしまいそうな勢いです。

    それにしても、登場人物たちへの魅力の詰め方が素晴らしい。どのキャラクタにもそれぞれの人生があって、それが描写ににじみ出てきていますよね。どんな姿なのか、どんな声なのか。そんなことを考えながら読むのも楽しい。

  • 守り人シリーズ7作目。チャグムが自分で自分の人生を切り開いていく力強さを感じる物語。舞台は南のサンガル王国とタルシュ帝国。海や南国への旅の描写は相変わらず素晴らしくて、まるで自分までチャグムやヒュウゴと旅をしているかのよう。
    賢く繊細な少年から強い青年への成長途中のチャグムをまだまだ見守りたい。次作の電子書籍化が待ち遠しい。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

守り人シリーズ電子版 7.蒼路の旅人はこんな電子書籍です

守り人シリーズ電子版 7.蒼路の旅人の単行本(ソフトカバー)

守り人シリーズ電子版 7.蒼路の旅人の文庫

ツイートする