ダ・ヴィンチ 2016年5月号

  • 131人登録
  • 3.71評価
    • (5)
    • (15)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059870560

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダ・ヴィンチ 2016年5月号の感想・レビュー・書評

  • 乙一×中田×山白の鼎談目当て。売れ行き良いみたいで近所の書店コンビニに無くて、息子にわざわざ都心の書店で買って来てもらう(´▽`;)ゞ。永一の由来は判ったけど、中田は?山白朝子は?知りたいな。越前魔太郎ネームでの作品は読んだ事ない。どうなんだろ?

  • なごみ探偵の小説面白かった。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    おそ松さん
    総力特集

    【キーワード】
    雑誌・本・おそ松さん


    ++++1

  • この先、社会の構造や基盤あhますますファジーに流動的になっていくでしょう。失敗を埋め合わせられない人は、自分の分相応なところでまた希望を持って生きるのが寅さん。

  • 乙一 おそ松さん特集。

    おそ松さんちょっとしか見なかったのでよくわからなかった。けどこの力の入れようダ・ヴィンチ久しぶりにアツいな~と思った。

    乙一20周年特集もアツい。(乙一、中田永一、山白朝子など)複数のペンネームを使ってかき分けがすごい。山白朝子作品がとても気になる。才能がぎゅっと集まっている。

    読みたい本は…『ダンス・ダンス・ダンスール』、『親なるもの断崖』、『あまたの星、宝冠のごとく』、『太陽』(前川地知大)、『緑衣のメトセラ』

  • 乙一さんのインタビューが読みたくて。
    2016/06/19

  • おそ松さん特集。見てみたいが見られなかった。

  • "そのとき、おそ松探偵が、何かをおもいついたように指を鳴らした。
    「そうだ、いいことをおもいついた」
    場の空気がわるくなりはじめたので、また、彼独特の方法でなごませてくれるのだろう。彼は言った。
    「トト子ちゃんがかわいそうだから、ちょっと別の犯人をかんがえてみようか」
    「え、ちょ、それはどういう意味ザンス」
    「合い鍵なんてなかった、そうだよな?」"[p.46_なごみ探偵おそ松さん・リターンズ]

    「なごみ探偵おそ松さん・リターンズ」乙一
    「九十九十九松」舞城王太郎

  • おそ松さん、はやっている。

  • 松ロスでふらふらだった時に、西友の雑誌コーナーで目に入って思わず買った。

    赤塚先生が6人兄妹だったから、六つ子と何かリンクするものがあるんじゃないかって、やっぱり思うよね。まあ多分、12人は多すぎるから6人にしただけなんだろうけどね。『1ダースなら安くなる』も見てみたいな。

    『おそ松さん』きっかけで赤塚不二夫を知って、興味深い人だな、もっと知りたいと思ってた。映画も見に行く予定だし。だから、赤塚不二夫を直接知っている人の記事が面白かった。

    色松ガール的には…書き下ろし絵で、一松、カラ松見てるよね、これ絶対。あぁありがとうございまぁ~す!!!って感じ。

    グッズも色々出てるんだな。添い寝シーツとか、枕カバーとか、何考えてるんだろ…。あ、でもメモ帳とか、クロッキー帳とか、エスパーにゃんこTシャツはかわいい。

    ダ・ヴィンチって、色んな本を紹介する雑誌なんだね。面白そうな本がいっぱいある。

    赤塚不二夫公認サイトhttp://www.koredeiinoda.net/

  • 乙一さんのインタビューが良かった。

  • 舞城の「九十九十九松」読んだ。笑った
    乙一の「なごみ探偵」ノベライズも載っており、それも笑う

  • 雑誌買いたいなと思って、この号おそ松さん以外にもなんか読みたい記事があったような気がして買った。気のせいだったようです。

    むかし買ってたときは、新刊案内とか隅々まで読んでたのに、もはやビタイチわくわくしない。疲れてんのかな...

全16件中 1 - 16件を表示

ダ・ヴィンチ 2016年5月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年5月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年5月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年5月号はこんな雑誌です

ツイートする