GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS) [Kindle]

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 片桐 恵理子 
  • ハーパーコリンズ・ジャパン (2016年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (185ページ)

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

  • ある日、街中から15歳以上の大人の姿が消えた。

    街には、子ども達だけが残された。
    そして、丘の上には、少し変わった子ども達を集めた学校があった。
    やがて、丘の学校の子ども達は、リーダーと共に街中に降りてきた。

    と、ここまでの展開を読んで、ヘンリーウインターフェルトの名作「子どもだけの町」の長閑な物語を期待したのだが、そこから話は急展開する。
    電気だけは確保されていた。
    町の外れにある原子力発電所が稼働していたのだ。しかし、その原子力発電所を中心とした半径 kmのところで町が終わっていた。
    その後は、超能力者は出てくるは、リーダー争いは出てくるは、冒険は出てくるは、謎解きは出てくるは。そして、もちろん淡い恋物語も。
    冒険活劇てんこ盛りのこの1冊は、6部シリーズの第1作目。ドラマ化の話もあるというこの1冊。
    読み始めるなら今だ。

  • 「スティーブン・キング絶賛」キターー! あれほど注意を促されているにもかかわらず振り込め詐欺にひっかかる人がいるように、この「キング絶賛」に反応してしまう人はいまだにいるんだろうか……。
    私? 私は買ったんじゃなくてブクログさんに応募したら幸いなことに当選したのでプレゼントされたのです。どうもありがとう。

    全編にわたり『蠅の王』『十五少年漂流記』の空気を露骨に漂わせつつ、途中から『Xメン』やマンガ『漂流教室』『ワンピース』が混じり(ケインはグラグラの実っぽいし、サムくんはピカピカの実、火事の少女はメラメラの実だ……そういえば『ドラゴンボール』のデンデみたいな少女もいるな)、映画『猿の惑星 ジェネシス』(コヨーテがそうなるとはディズニーアニメだよ)。


    で、既視感満載のこの上下巻の小説はこれで終わらない。あとがきによると6冊のシリーズらしい……。はっきり言って今後お付き合いするつもりはない。
    さらにあとがきによると「アメリカの若者の間で大人気」ということである。アメリカの若者、つまりマーベルコミックス原作の映画なんかが大好きな連中ということで、そういう子供だましの超能力合戦みたいなのが好きな人には面白く読めるだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に登録しているひと

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

GONE ゴーン 上 (ハーパーBOOKS)の文庫

ツイートする