エージェント・ウルトラ [DVD]

  • 114人登録
  • 2.91評価
    • (3)
    • (11)
    • (24)
    • (14)
    • (4)
  • 23レビュー
監督 : ニマ・ヌリザデ 
出演 : ジェシー・アイゼンバーグ  クリステン・スチュワート  トファー・グレイス  コニー・ブリットン  ウォルトン・ゴギンズ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111249791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エージェント・ウルトラ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 予告が面白そうだったのと、ジェシーだし、と思って楽しみにしてたのですが…クソ映画だった笑。最後までよくわかんなかったし、すっとつまらないままだったからびっくりした。良いキャストの無駄遣い。。

  • 意図しない問題に巻き込まれストーリーの帝王
    ジェシー・アイゼンバーグ主演。
    今回もしっかり困った顔を見せてくれます。

    予告を見てコメディと思ってみたら結構シリアス
    見事なまでにどっちつかずで中途半端。
    もやもやしたまま終演。

    なんとも不思議な映画でした。

  • ええとー、3回寝落ちして諦めた。
    誰かラストを教えてください。

  • 設定は面白いけど、内容が薄い。感情の描写よりアクションを充実して欲しかった。

  • それらしい理由はありましたが、やっぱりなんで主人公が抹殺されなければならなかったのかがよくわからず。
    しかも、格闘戦において、どうしてもそんなに強さを感じないのも難。
    むしろ、敵方がへぼすぎる。
    ちょっと残念な作品でした。

  • ジェシーもクリスティンも好きなんですけどねぇ〜つまんねぇ作品でした…Σ(-᷅_-᷄๑)
    まぁ見所も何もねぇのがツライ…(u_u)

  • コメディ・タッチの作品と勘違いして借りました(^^;
    一応、アクション作品になるのかな?理由が分からぬCIAとの攻防になるのでしょうが、設定が何とも・・それに人が簡単に死に過ぎ。数十年前のコミックかゲーム感覚。実は・・で裏が明らかになっても、それはないでしょう~って感じ。もしかして主人公の恋愛物語?それにしてもなぁ・・やはり中途半端な時代錯誤のような・・

  • 結構ラブの要素が強かった…ポップで超人アクションな香りを嗅ぎ取ると、ついついマシュー・ボーン味を求めてしまう体になってしまった。スプーンは殺しに十分すぎる

  • さえないコンビニ店員のマイクは、彼女にプロポーズしようとするもことごとく失敗し、ハワイ旅行も体調不良でキャンセルしてしまう。ある日、職場に訪れた謎の女性に謎の言葉をかけられ、その後謎の男たちに襲われるが、スープヌードルとスプーンで2人殺してしまう。実はマイクは記憶を消されたCIAエージェントだった!というお話。

    最初のおどおどしているマイクと、覚醒した時のマイクのギャップが激しすぎてとても萌えます。恋人のクリステンもとってもかわいいし、アクションがメインだけど2人の恋愛もすごく素敵です。プロポーズするとこ泣きそうになったよ・・・。
    覚醒前にクリステンがマイクにI fxxking love you.というとこも大好き。最後のシーンも「いいぞーやれやれ!」という気持ちでワクワクしました。

  • 最強のスパイを作って監視してたけど、危険だから始末しようとする映画。
    巻き込まれた一般人、警察官が可哀想過ぎます。

  • 続編作ってもいいかもしれない。切れ味は良かった。でも、きっと続編になったら、もう賞味期限切れてるかもしれないな。ジェシー・アイゼンバーグの映画の中では、好きな方だったな。

  • 面白かった。実話が元ってのが怖いけど(@_@;)
    ジェシーはこの長い髪型の方が好き♪クリステンもトワイライトシリーズの時よりかっこよくなってた。ダメダメな時とスイッチが入った時のジェシーの目の違いがいいよね。
    続編希望。

  • 2016/8/20 コメディのようなスパイ物?人体実験?破茶滅茶で発想は面白いけど…内容が意外と膨らまなかった気がする。なかなか、言えないプロポーズはあの場面でしたのは感動的だったけど、最終的に2人が諜報員になって プロジェクトに取り組むって事?まぁ分かりづらい部分めあったものの まあまあ楽しめたかな…

  • 二人の関係性がとにかく好きだった。

    シリアスなのかコメディなのかよくわからないかんじというか、多分コメディなんだろうけれども、冷静にツッコミを入れるクリステンが面白い。

    主人公はボケっとしている感じだけど彼女へ一途な愛を向けていて健気でよかった。

  • いつもぼーっとして冴えない男マイクの唯一の取り柄は最愛の恋人フィービーがいること。
    二人は公私共に認めるバカップル。
    マイクはいつも傍にいてくれる最愛の恋人フィービーにプロポーズしようと
    一世一代のハワイ旅行を計画したけど空港でパニック障害になりおじゃん・・・。

    落ち込む青年マイクは今夜もコンビニで深夜のバイト中。
    いつものように、自作マンガ「サルのアポロの大冒険」を描いていると、
    買い物客のおばさんから謎めいた言葉を繰り返し掛けられる。
    ぽかんとしていると突然銃を持った暴漢に襲われ絶体絶命!
    と 思いきや、勝手に体が動いてスプーンとカップ麺であっという間に暴漢を殺してしまいました!

    自分でも何が何やらちんぷんかんぷん。眼の前の死体に大慌て。
    すぐにフィービーを呼びますが、二人で慌てふためく始末。。。

    実はマイクはCIAが洗脳実験で作った凄腕エージェントだったのです。
    ただし作戦は封印、マイクは記憶を消され、ぼっーとした性格に、
    そして市外に出ようとするとパニック障害になるよう洗脳されていたのです。
    さらにフィービーもマイクのお目付け役の元CIA職員でした。

    目覚めたマイクを抹殺しようと次々と迫る刺客。
    フィービーの愛は偽りだったのか?行方やいかに!

    1960年代CIAが極秘裏に行っていた洗脳実験「MKウルトラ計画」から題材を得た作品だそうです。
    冴えない青年が、潜在能力を引き出され、無敵の男になるカタルシスが魅力のひとつ。
    ホームセンターでの闘いでは、売り場のチリトリや缶詰で強敵達をバッタバッタと倒すシーンが痛快です。
    恋人フィービーとバカップルながらしっかり生きようとする姿にも好感が持てました。

    仲間で「もしも こんなことあったら面白くね?!」と話してるような、気取らず、大げさでなく、カジュアルな映画でした。

  • 序盤は予告でもやってた覚醒シーン以外は退屈だった。新たな秘密が明らかになってからは面白かった。レグイザモの出番短すぎ!クリステンとジェシーは意外な組み合わせだと思ったけどB級アクション恋愛にはまってた。

  • 思ったより良かった◎
    90分くらいで観られるけど、しっかり面白い!

    木と車の例えはちょっとグッときた。

    エンドロールかっこいい

  • 思った以上に面白かった。
    というか正直全然期待してなかったんだよね。
    ダメなB級映画を見るつもりでレンタルしたのに、面白かったじゃない。
    まあB級なのには変わりはないけど。
    これ、マイクが立派なエージェントとして生きていく感じで終わってますけど、むしろまた記憶を消して続きを作って欲しいくらい。
    あれ?それだとなんだかどっかの別の映画になっちゃうか・・・

  • これはアイゼンバーグに惚れさせるための作品だと思いますが、残念ながら期待したほどは面白くなかったかなと・・・ちょっとグロいし・・・もっとハウエルにメリハリほしかった。
    でも・・・やはりかっこよかったです。

  • 近年見た実は強かった系や去年連打されたスパイ物なんかに比べたら最高!って程でもないのですが、テンポよく楽しい映画でした。
    無体に強すぎないのがいいですね。
    ラストは漫画家にでもなってて欲しかったなぁ。
    某動画の影響でヒロインのクリスティン・スチュワートの口元にばかり注目してしまって困りました。ブラックライトで光らせるのは卑怯だわ…笑ってしまうわ…

  • ちりとり傑作やった(笑)
    流血ブシャーしながら、ユルい恋。
    かっこよくとか綺麗に撮る気無しの気取らなさに好感!

    プロポーズの後やのにキスさせなかったのナイスやったな。
    アナザーサイドのゲイのロマンスも最高に楽しかった(笑)
    終始、口角を上げて観た。

    最近ではオリジナルって貴重。

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エージェント・ウルトラ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エージェント・ウルトラ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

エージェント・ウルトラ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

エージェント・ウルトラ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする