猫なんかよんでもこない。 [DVD]

  • 32人登録
  • 3.12評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : 山本透 
出演 : 風間俊介  つるの剛士  松岡茉優  内田淳子  矢柴俊博 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102408404

猫なんかよんでもこない。 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 猫の映画、という事と、タイトルに惹かれて、たまたま録画したんですが。
    これって、ほぼ実話なんでしょうか?
    プロボクサーを目指し、A級昇格を目前に、試合中のケガにより、ボクシングを続けられなくなる主人公。
    漫画家である同居の兄が拾ってきた2匹の子猫と生活する内に、犬派だった主人公が・・・というお話なんですが。

    何というか、単に猫が可愛い、という話でもなく、色々せつない作品でした。

  • ただ猫が可愛いということではなくて、
    一緒に生きることの喜びと、
    切ないけれども避けがたい現実との、
    どちらも頷きながら観ていた。

    去勢・避妊と、
    完全室内飼いにはして欲しいよと思っていたら、
    案の定…。
    でも、これは注意喚起という意味では大切なことで。



    鑑賞途中からずっと、
    私の足元で寝ている我が家のお猫様をなでながら、
    居てくれてありがとうと思った。

  • 前半は、子猫かわいーーーーはぁぁぁんん(*´Д`)♡
    と思ってたのに、後半から・・・・・
    てゆーか、お兄ちゃん帰ったとこから・・・・

    かわいがるだけじゃダメだーーー無責任!!!w

    とりあえずねこちゃんと風間くんかわいかったw
    ねこってあんなに演技できるもんなんだな・・・w

  • こんなん感動でもなんにもない。
    飼い主の無知さが招いただけの、悲劇。
    こんな飼い主に飼われた、チンクロが可哀想。

  • 特に猫好きでもなくなんとなく鑑賞しました。ラジオでしつこいくらいCMを聞いていたのでその印象が強すぎました。

    さすがに拾ってきた人間が無責任すぎな気がしたり。世間が狭い展開とかです。

  • 制作年:2015年
    監 督:山本透
    主 演:風間俊介、つるの剛士、松岡茉優、内田淳子、矢柴俊博、市川実和子
    時 間:103分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch


    ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオのもとに、漫画家であるミツオの兄が拾ってきた2匹の子猫の兄弟“チン”と“クロ”がやってくる。
    超やんちゃと超気ままな2匹は、用意したエサは気に入らないと完全無視したり、命より大事なボクシンググローブは必殺技“猫キック”の練習道具に使われたりと、猫嫌いのミツオは振り回される。
    しかし、アパートの大家さんや猫好きの女性・ウメさんの応援もあり、光男と猫たちはちょっとずつ距離を縮めながら、極貧生活を支え合う運命共同体になっていく。そんななか、ミツオは試合でのケガがもとで、プロボクサーとしての道が閉ざされてしまう。
    生きがいを失ったミツオは、新たな一歩を踏み出せずにもがく。
    一方、チンとクロは新しい世界へ飛び出そうと爪を研いでいた…。

  • 風間くんが子猫二匹に翻弄されたり遊んでいるのがかわいくて、ほっこりしていたのは、はじめのうちだけだった

     風間くんの主人公はがプロボクサーを目指したり急にマンガを書きはじめたり、それなりにストーリーの上がり下がりがあるのだけれど、ずっとぐだぐだでいまいち感情移入できず……

     それよりも、つるの剛士のアニキが、あっさりネコを拾ってきたり、あっさり田舎に帰ってしまう、あっさり感の方が妙にリアルに感じたのが不思議だった

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

猫なんかよんでもこない。 [DVD]はこんな映画です

ツイートする