キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書) [Kindle]

  • 41人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 田村潤
  • 講談社 (2016年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (110ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
高野 和明
池井戸 潤
池井戸 潤
村田 沙耶香
宮部 みゆき
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現場を知ることの大切さを改めて痛感しました。
    読んだ後にキリンビールが飲みたくなりました。

  • 熱い本で刺激を受けた。コンサルが説く戦略等も重要だが、現場を動かすのはリーダーの熱い思いだ、というのが伝わってきた。

  • Web記事で紹介されていて気になって読みましたが、半分は同感、半分は違和感を抱いた一冊でした。

    ビジョンに基づいたシンプルな戦略を社員一人ひとりが自分で解釈して環境に対応しながら愚直に実行し続ける。会議をする時間は行動する時間を減少させるということ。この2点は同感でした。

    一方で、「自社だけが勝つことが顧客満足に繋がる」というのは違和感を抱きました。生活者のライフスタイルは十人十色。顧客満足・・・と書きながらも、シェアNo.1奪回が目的で、生活者は二の次だというのは滲み出ていました。営業なので売り上げ至上主義になるのは仕方ないですが、売上向上等の成長だけが持続的な企業経営ではないはずで、持続的な企業経営の条件を見つめ直したいと思った一冊でした。

  • 仕事で大成する人って、
    多かれ少なかれ猛烈な経験をしている。

  • 所属する会社や部署のメンバーを、どのように巻き込んで、盛り上げていき、それが結果として実績というものにつながっていくのか。低迷していたキリンビール高知支店にて著者が行った上記に対する奇跡とも言える物語が語られています。現実を直視すること、あくまでもお客様視点に立つこと、決めたことを一つだけやり遂げること。資源の少ない状況で、どのように戦うのか、その心構えについても教えていただきました。高知県という独特の県民性に支えられた面があるようにも見えますが、それは長所にも短所にも(ラッキーにも言い訳にも)なるもので、それを長所に変えたこのチームのやり方には学べること多数あると思います。

  • 【平凡を極めると非凡に変わる】
    駆け抜けて、実績を出してきた方であるからこその説得力があります。
    量は質を生み出す。
    コミットメントの本来の解釈。
    金言はたくさんありますが、ラストの新旧対批表を見るだけでも、価値がある本です。

  • キリンの元副社長の田村さんの書籍。アサヒスーパードライを引っ提げるアサヒとの差を埋めるために、高知において営業部門のものたちに社内政治ではなく、現場力を意識させ、料飲店などの信頼を勝ち取り、高知のシェアを逆転したという内容。その後のキャリアにおいては四国地区、東海地区、本社とビジネスの対象は拡がっていくものの、一貫して現場での営業力が重要ということを伝えてくれる。主にスーパードライとの闘いすなわち10年ぐらい前までのシェアについて語られており、現在のプレモルや第三のビールに関する話はなかったものはちょっと残念であった。これを受けてアサヒはどのような立ち回りをしていたのかに関する書籍が出たらおもしろいなぁと感じた。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)はこんな電子書籍です

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)の新書

ツイートする