ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 早川書房 (2016年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (146ページ)

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国古代の思想家、哲学者である、孔子、孟子、老子、荘子、荀子が残した思想を読んで行くことで、自分が持っている思想以外に、何通りもの考え方があることを気付くことに焦点がある。
    有りもしない状況に対する思考実験ではなく、普段の生活の中で他者と関わり合いながらどういう選択をして行くか? という観点が特色。

    孔子から始まる思想家たちがフォーカスしたポイントの説明は、ちと難しい… 軽く読むというよりじっくり読む必要がある。

    邦題から得るイメージと内容はかなり違った印象…

  • 中国の思想家たちの哲学が書かれた本。「日々の営み、つまり他者とかかわったり行動したりすることで実地に形づくられる。言いかえると、ありのままの自分だけが自分なのではない。いつでも積極的に自分自身をよりよい人間へと成長させることができる。」という言葉が印象に残った。何気ないことでも、より良い人間に成長する糧になっていると気が付いた。そう思うと、一挙一動が真剣なものになるような気がする。自分の行動1つでどう成長できる決定づけられる。1日1日の時間を大切にし、できることをしようと思った。

  • 東洋思想の全体像が見えてきて勉強になります。

    西洋における東洋思想の捉え方も面白いですね。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房)を本棚に登録しているひと

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーバードの人生が変わる東洋哲学 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (早川書房)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする