白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 27人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • さてここからは未読である。
    既刊全部一気に読みます。
    ここまで来るのに色々回り道はあったが、羊殺し事件解決に向かって一気に進んでいく感じ。
    竹之内の過去。
    1600年もこの国に仕えているって、ものすごいな。
    となるとあのあやしい神父はいつからこの国にいるのか?
    まあ今回は出てきてないけど。
    そして新キャラ。
    雰囲気的に幸絵の息子っぽいけど、彼もまたオキナガなのだろうか。
    最終回前の盛り上がりって感じだな。
    最後まで一気に読みたい。

  • 羊年のクリスマスまであと一ヶ月。魁は棗の仇を取りたいが、棗の孫の伏木は「あたしはみんなの仇が取りたいんです。」そっちのっがまっとうな感じがして悪くない竹。竹之内さんが思いもがけぬところで絡んできた。「お前がー死にたくはなさそうだったからだ」多分、魁をオキナガにしてしまったことは竹之内も後悔まじりの複雑な気持ちがあるだろうが。そもそも。なぜ。という質問に対しての答えが意外だった。まぁ、目の前で若者が死ぬのは後味のよいものではないにせよ。バーディにでてきそうな能面男は犯人なのか?

  • 竹之内さんの隠された素顔が明らかに。
    さらに謎の人物、登場。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

白暮のクロニクル(8) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする