図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫) [Kindle]

  • 37人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本を一言で表すなら、緻密なファンタジーと言えるだろう。1巻はこの小説の世界観に入り込むところで終わってしまうほどのボリュームだ。タイトルに図書館とあるが単なる本をテーマにした世界だと思ったら間違いである。現役で言語学を研究している作者が書いたストーリーだけあって、世界に連綿と続く「言葉」を辿り操ることがこの世界を切り開くヒントである。言葉といっても、単なる言葉遊びではなく、新たな手話の構築や、著者の専門である対象言語学的なアイデアが物語の根幹に盛り込まれているのが興味深い。緻密に組み立てられた長いストーリーであるが、それでいて人物や世界観が楽しいので、あっという間に読み終えてしまい、この物語はどこへゆくのか、次の巻が気になって仕方が無い。

全1件中 1 - 1件を表示

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)の文庫

ツイートする