オリオリスープ(2) (モーニングコミックス) [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 綿貫芳子
  • 講談社 (2016年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (245ページ)

オリオリスープ(2) (モーニングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • オリエの笑顔の裏には後悔が詰まっている。どんなに悲しくてもお腹がすくし、そんな自分に腹を立てたりもするけど。それが生きているってこと。「汁物ってのはすごいねぇ!!!一椀にいいもんが全部つまってて、一口で体の芯にすーっと入り込んでくる」晩年のおじいちゃんは固形物もうけつけなくて、そんなおじいちゃんの言葉がオリエのスープ好きに一躍買ってるのかもしれない。「寒くて水も冷たくてあたりもさみしい。それに、夜が長いと不安や悲しい記憶にとらわれやすくなりますから。…でも、ここを越えればあとは明るくなる一方なんです」弥燕さんも何か悲しい過去を持ってそうだよな。「でも…いいものを作ろうと思ったら、まずは自分が元気でないと」オリエはたくましい。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オリオリスープ(2) (モーニングコミックス)を本棚に登録しているひと

オリオリスープ(2) (モーニングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オリオリスープ(2) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

オリオリスープ(2) (モーニングコミックス)のコミック

ツイートする