掟上今日子の婚姻届 忘却探偵 [Kindle]

  • 26人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2016年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

掟上今日子の婚姻届 忘却探偵の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    いつもは色々な事件の合間に含まれる、今日子さんの核心に迫るような伏線に面白みを感じるが、こちらは事件(というより問題?)そのものがおもしろかった。
    人間の心を論理立てて推理していく、というと曖昧さがおときくなりそうだが、納得感のある説明だった。

  • ギャグ回だった。さる人物が回顧的に語った己の過去をめぐって、真実と嘘を見極めようとするような話。
    過去をどう解釈するかは本人次第だけど、どうしてもポジティブに解釈しきれないこともあるだろう、ということを示したかったのかな。悲劇とも言うべき人の死を持ち出し、「ほら、こういう過去をポジティブに捉え直すことなんて出来ないだろう。そういうやつはこんなことになり得るんだ」と極端にデフォルメされたキャラクタを登場させている。
    悲劇を乗り越えていく強さを示さず、悲劇に飲み込まれる弱い人を書きたかったのかな、とか考えた。そんな浅い内容なのか、もっと深い何かがあるのかはよくしらない。
    どうしようもない、変えられない過去にいつまでもクヨクヨし、「どうしたいのか」を提示できてないのは、なんだかなーとスッキリしない気持ちになった。いろいろ書きたいのだけど、整理できるほど読み込めてもいない。また気が向いたら読み直そう。

  • 忘却探偵シリーズ。「過去の記憶の上書き」がテーマの長編。「婚姻届」ってどういうこと?と思ったけれど、意外な着地点で楽しめた。軽く読める内容でさらっと読める本。

  • 単純に面白かった。
    やっぱり長編がいいかも。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

掟上今日子の婚姻届 忘却探偵はこんな電子書籍です

掟上今日子の婚姻届 忘却探偵の単行本(ソフトカバー)

ツイートする