自分を操る超集中力 [Kindle]

  • 85人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (11)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
  • 13レビュー
  • かんき出版 (2016年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
又吉 直樹
三浦 しをん
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分を操る超集中力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすく、コンパクトにまとめられている。
    スマホによって集中を奪われる昨今、本書のようなものが必要な人も多いのではないか。

  • 今まで学んだり、なんとなく感じていた集中のためのメソッドがぎゅっと一冊にまとまっていた。
    新しさはないけど、良本。
    早速、実践し続けていきたい。

    早寝早起き
    戦略的に休みを作る
    瞑想
    一つのことにフォーカスし、やり遂げて習慣化する
    あれこれと悩まないことでウィルパワー温存

  • ぶっちゃけ、DaiGoってあまり良く知らなかったりする。テレビで、相手が選んだカードを巧みな心理分析で当てるやつを観たくらいかも。そのちょっとの間でも「この人賢いなぁ」と思った。
    その人の本が月替わりセールで安くなってた&前からほしいものリストに入れてたのでポチって読んでみた。
    書いてある内容は、脳の働きを理解した上でどう効率的に使うかという点で、『40代からは「記憶法」が変わります』と被る部分も多かった。やっぱり、『40代からは〜」の本を手にするにはちょっとプライドが許さない人はこっちの本を読んでみても良いかもしれない。
    そして、集中力の源になる「ウイルパワー(以下WP)」という言葉を初めて知ったかも。ドラクエでいう、HP,MPみたいにどんどん減っていくWPをどう温存するか。何事も決めかねた状態で過ごしてるとそれだけでWPを消費してしまい、いざという時に集中できなくなる。なので、さっさと決めてしまう、片付けてしまう。「もやもやしててもしょうがないからさっさと決めましょう」という話はよく聞くが、決めない状態がどうたのことに影響するか、その辺がわかりやすく説明されてる。

  • 睡眠の大切さを学ぶ

  • 会社の後輩のオススメで購入。
    ・姿勢に気を付けると集中力が増す
    ・先延ばしはウィルパワーを浪費する
    ・決断しなくてもいい環境を整えておく
    ・低GI食品を間食する
    ・コーヒーは三杯まで
    ・水はこまめに飲む
    ・睡眠時間が七時間を切ると酔っぱらっているときと同じぐらいの判断力

  • ・仕事を先送りにしないための具体的な方法が書かれていて参考になった。
    ・この手の本として、この本のほかに、「仕事が早い人は人が見ていない時何をしているか」、「すぐやる!」、「結局すぐやる人がすべてを手に入れる」を読んだが、その中でも、この本と、「すぐやる!」の2冊が科学的な反応を根拠にしたもので、よりよかった。

  • 集中力をつけたくて読んだ。
    得るところなし。

  • 人間の性質から、集中して仕事をするための方法まで理解できて、さっそく早く寝ることを心がけ、朝の仕事の始め方、仕事の進め方も変えてみました。始めてまだ、2日ですが、効果ありと感じています。仕事が早く終えられます。この調子で、続けていきたいです。

  • 集中力が有限のウィルパワーによるもの、ウィルパワーは選択する度に消費されるという考え方は目から鱗だった。
    時間術は割とよく聞く仕事術だった。どれも、いざ実業務に落とそうとすると、普通のサラリーマンには難しい。(実際、パフォーマンス出すには理にかなってるんだろうけどなぁ)

  • ネタとしてはよく知られたものばかりだが、それを実施しやすいように解説してある。

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

自分を操る超集中力を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自分を操る超集中力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分を操る超集中力はこんな電子書籍です

自分を操る超集中力の単行本(ソフトカバー)

自分を操る超集中力のAudible版

ツイートする