帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫) [Kindle]

  • 14人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 森内薫 
  • 河出書房新社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (184ページ)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    だんだんヒトラーが話してることが正しく感じてくるのが怖い。

  • 久しぶりに翻訳物を読んだ。
    翻訳のタドタドしさがまどろっこしいく、どうも隔靴掻痒感があるので、あまり読まなくなってしまったのだが、
    この本はまるっきりそうしたもどかしさを感じさせない。訳者がうまい。

    内容は、あのヒトラーが現代に蘇り(自殺した時点から2011年にタイムスリップしたというべきか)、本人のものまね芸人として芸能界入するという話。
    その突飛な発想に即食いついてしまった。

    期待にそぐわず、面白いやらおかしいやら、はじめはケラケラ笑って読んだ。
    ヒトラー等の歴史的知識は常識程度で十分。訳者注が充実してるし、なぜか現代の日本の感覚で理解できる。

    が、読み進めるうちにだんだん怖さが出てきた。
    自分、ヒトラーの言ってることに共感し始めてるじゃないか。
    彼の思想の殆どが勘違いと思い込みと独りよがりなのがわかってるはずなのに、ところどころ、「そうだ!そのとおりだ!」と心にかなり深く響く部分があって、
    ヒトラーをあそこまで祭り上げた当時のドイツの民衆と同じじゃないかと思い、ぞっとした。
    いま、ヒトラーがいたら、また同じことがおこるんじゃないか、とも。

    今の世の人々への警告かもしれない。
    ここまでヒトラーを再現している作者の筆の凄さにもゾワゾワする。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)のペーパーバック

ツイートする