映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVD

  • 213人登録
  • 3.26評価
    • (8)
    • (33)
    • (53)
    • (16)
    • (2)
  • 45レビュー
監督 : 松山博昭 
出演 : 小栗旬  柴咲コウ  向井理 
  • ポニーキャニオン (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632503921

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVDの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマが話題になり映画化される。もしくは最初から映画化が決まっていてその前フリ的にドラマがある。
    この映画どちらなのでしょうか。本来ならこの手の映画は観ません。

    普段はドラマといったものはそんなに観ないです。これはたまたま再放送でしたが2話ほど観ました。
    設定が面白いジャンと思いました。現在の若者が戦国時代にタイムスリップ。そこで、瓜二つの信長と出会う。信長と入れ替わる。信長は光秀となって補佐しながら見守る。この事を秀吉含め数人が知っている。

    これが大まかな設定。天下を目前にした入れ替わった若者。本物の信長が元に戻る為に討つ。

    そこで秀吉が明智謀反として信長を討つ。これなら、歴史通りだと予想を立てました。でも、こんな単純ではないだろう。オチはどんなんだろう。もっと、私が想像出来ないような設定になっているんだろう。的な興味に駆られて観る事にしました。

    想像して無かったオチではありましたが、こんな安っぽい終わり方になるとは・・・・
    これなら、映画化せずとも、ドラマスペシャル番にしても変わらないのでは思いました。

    このようなタイムスリップ的ものを扱った映画やドラマ、一見歴史が変わりそうに思えて、土壇場でやっぱり歴史は変えられなかった。盛り上げるだけ盛り上げる。もしかしたら、もしかしたらと思わせる。ここまでは、上手い設定だとしても、この後の歴史は変えられなかった的な事が描けなかった。原作者なり監督の技量不足だったのかなと思います。役者は悪くは無かったです。

    3/24

  • ちょっとおまけで4

    山田孝之の羽柴秀吉がかっこいい。
    小栗旬の二役も良い。
    信長が殺される時がむごい。とてもむごい。
    むごさが山田孝之のうまさなのだと。

    最後の最後ミスチルの曲がいいタイミングで流れる。
    〜今という時代はそれほど悪くない〜(だったかな)
    ドラマも全部みてたのですがところどころで泣けるところがあり。
    映画でも泣ける所あったなぁ。

    一方通行な感じだけど。
    指輪があれば繋がっていれる(未来過去)かー。

    小栗旬 向井理 邦画 山田孝之 柴咲コウ

  • TVドラマ版を観て、魅力的な登場人物達のドラマの結末を知りたくて完結版の映画を観ました。
    ありがちながら、大団円を迎え、ちょっぴり切なくて、納得感のある結末でした。
    歴史に多少詳しいので、その他の登場人物達のその後も知っていて感慨もひとしおといったところです。

    自衛隊が小隊丸ごと戦国時代にタイムスリップして織田信長軍団になった「戦国自衛隊」を思い出しましたが、
    設定こそ似てるだけで、こうも全く異なる作品になるものかと創作モノの面白さを感じます。

    ところで「戦国時代」と現代の「ちゃらい言葉」とのミスマッチは
    笑いの基本”緊張と弛緩”、”茶化し”ですね。
    「戦国鍋TV」「空想大河ドラマ小田信夫」面白いですものね。
    歴史上の人物を身近に感じることができる、飛び道具だと思います。
    なかでも松村邦弘の「武将のボヤキ」は傑作です。
    “殺しときゃよかった だからあのとき頼朝を殺しときゃよかったんだよ”―平清盛
    “ずるいよ 鉄砲は。”―武田勝頼
    最高傑作は「織田信長のオールナイトニッポン!」
    松村がたけし風の織田信長になってDJをします。

    “・・・というわけで天正10年の今日は6月2日、今日でいよいよ最後になりました。
    もうちょっとやりたかったんですけど、次は秀吉がやるみたいだから。
     家康もやりたいみたいだけどね。あいつ、しゃべり面白くねぇから。“
    “比叡山がね、「スポンサー降りる」って言うんだよ。「不景気だから降りる」って言うからね、
     「バカヤロー!スポンサー降りる?てめーこのやろー!」って言って焼き討ちしといたよ。”
    “でもガラシャあいつ、数字持ってるんだよ。キリスト教もってるからよ。”
    “・・・あれ?なんかちょっと焦げ臭くなってきたな。
    早いよ。二時半だって言ってんだろうが。ダメだよ。空気読めねーな、まったく。
    だから嫌いなんだよ、キンカ頭は!あれ、もう煙出ちゃったよ。やっべーな!”
    “じゃぁ一曲いきましょう。敦盛で「人間五十年」!”

    話が大きくそれたので強引に戻しますが、
    「信長コンチェルト」は今をときめく俳優が皆いい味を出していて
    (柴咲コウのツンデレは やっぱ魅力的)、
    史実上、49歳の信長にしてはみんな歳とらないな、とか細かいことは気にせずに、
    戦国SFロマンとして純粋に楽しい作品でした。

  • なるほど、明智光秀をこう使うか…!歴史を改変せずにタイムスリップと絡めた脚本はあっぱれ。信長の時代をエンタメとして楽しめた。意外とよかった。

  • ドラマの方は未見。その完結編にあたる本作だが、どうせ誰もが知っている日本史の話だから支障はないだろうと思いテレビ放映時に鑑賞。ドラマ本編のあらすじから用意してくれていて、大筋は追うことができたが、細かいところでの人間関係が掴めずやや消化不良。ただ作り手の情熱が伝わってくる好感の持てる作品で、ただの荒唐無稽に陥りがちな設定を涙あり、笑いありで、上手くまとめていた。オチも一応破綻なくつけられてはいたのだが、明智光秀と織田信長がクリソツという時点で、冒頭から誰もが予想可能なんじゃないかとも思う。映画から見始めてもそうだったんだから、ドラマから観ていた人には苦痛だったりしたんじゃないだろうか。☆3,5

  • たまたま見た月9ドラマ。面白いじゃーーんってはまって観たら原作はアニメとか。
    そして、そのドラマの続きの劇場版。

    突然タイムスリップしちゃったおバカな高校生サブロー(小栗旬)が戦国時代に織田信長として生きる。ラストは光秀として首を切られ、現代に戻る。
    原作はどう片付いたのかわかんないので違いはわかりませんが。
    まぁまぁ面白いよね。
    出演者豪華だし(笑
    史実と比べながら観てるとなかなか、面白いです♪

    しかし、、、小栗旬が高校生って、、、、こわすぎ

  • 誰だ、ドラマ見てなくても楽しめるよと言った人は。ドラマ観てた方が100倍楽しめるじゃないか。もちろん観てなくてもある程度有名で知ってる時代の話だからついていけるとは思うけど。
    現代の高校生が戦国時代にタイムスリップしてしまう。瓜二つの織田信長に出会って織田信長をやらされる。どう終わるのかなーと思ったけど、すごく上手いと思う。元の織田信長が明智光秀とか、よく考えたなーとドラマの時から思ってた。ミッチーが織田信長を逃した時に、え、歴史どうなるの!と思ったけど、羽柴秀吉のやり方になるほどー!と納得してしまった。
    やっぱり山田孝之が上手いなーと思った。でも古田新太も良かったし、なにより小栗旬ていいんだなーと思った。なんで最後サブローの住所知ってたのとか思っちゃったけど、すごい楽しめた。

  • 録画したのを観賞。ドラマ版?は観てなし。

    山田孝之の武士姿は「のぼうの城」といい、なんだか野武士のような粗野な感じがする…。

    アニメの方がサブローの飄々した感じは出てたと思うなー。

  • 誰でも知ってる歴史上のできごとだから、それはまずい、とか予測できて面白い。
    柴咲コウはどうしても直虎を思い出してしまうけれど。

  • ドラマが面白かったから期待していたんだけど、もう一段階盛り上がりがほしかったな・・・。

全45件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVDを本棚に「観たい」で登録しているひと

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVDを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVDはこんな映画です

ツイートする