マイ・インターン [DVD]

  • 443人登録
  • 3.99評価
    • (56)
    • (93)
    • (43)
    • (8)
    • (0)
  • 61レビュー
監督 : ナンシー・マイヤーズ 
出演 : ロバート・デ・ニーロ  アン・ハサウェイ  レネ・ルッソ  アンダーズ・ホーム  クリスティーナ・シェラー 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967282962

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マイ・インターン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャリアウーマンとシニアインターンの友情。

    育メンの夫とかわいい子ども、仕事も大成功…どれも手放したくないけど仕事が大きくなることで時間に追われ気持ちに余裕がなくなりストレスばかりが溜まっていく…

    肩肘を張って日々をこなすジュールズ(アン・ハサウェイ)が、紳士で誠実なベン(ロバート・デ・ニーロ)に信頼を寄せていく過程が見ていて暖かい気持ちになります。

    クラシックは不滅。
    ハンカチは貸すために持て。

    とにかくベンがステキ!!
    こんな風に歳をとれたらな〜

  • 「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイと名優ロバート・デ・ニーロが共演したハートフルドラマ。ファッションサイトのCEOとして活躍する女性が40歳年上の男性アシスタントとの交流を通して成長していく姿を描いた。ニューヨークに拠点を置く人気ファッションサイトのCEOを務めるジュールスは、仕事と家庭を両立させながら誰もが羨むような人生を歩んでいた。ところがある日、彼女に人生最大の試練が訪れる。そんな折、会社の福祉事業で雇われたシニアインターンのベンが、ジュールスのアシスタントに就く。ジュールスは人生の大先輩であるベンから様々な助言をもらい、次第に心を通わせていく。監督・脚本は「ホリデイ」「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ。「セックス・アンド・サ・シティ2」の衣装を手がけたスタッフによる洗練されたファッションも見どころ。
    「映画.com」

    マイナスなことばで状況を悪く言うことはやってしまいがち.でも、そこをポジティブに変えたり、少しの機転でオブラートに包んだり、見ないふりをしてみたりすることで、円滑になる人間関係はたくさんある.自分スタイルをもっている大人は素敵だな.

  • 50を過ぎてから少々焦り始めてる
    このまま後10年ほどで定年してその先に何があるのだろうか
    そのために、その為って訳じゃないけど「趣味」を増やしたい
    1つに絞って突き詰めるタイプじゃないしたくさんある方が楽しそうだ
    しかしこの彼は違う、「仕事」
    仕事を選んだのだ、今もこれからも人類はどんどん長生きをする社会になる、ようは老人が増えるってこと
    その人たちから膨大な知識と経験の殆どが使われていないってことはどんな事だと思う?

    若者も年配者も楽しめるいい作品でした。
    もっとはやく観ればよかった

  • ずっと心地いいやりとり。
    同僚との空気感、音楽もいい。

    こんな70才になれたら最高と思える、芯がある優しさがひしひし伝わる。

    二人のベッドでTVザッピングのシーンがとってもかわいくてうるうる。

    一緒に太極拳、ジーンとしてるとこで終わり方までよくて
    とってもいい余韻。

  • レンタル>久々、良い映画に出会えました。見て良かった(´ω`*)♪♪心温まる、これから1日1日頑張って行こうという元気を貰えた。
    世代間を越えた友情。良いですねwwシニアインターン制度(高齢者見習い→米ではどうも企業に課した社会貢献という意味合いが強いっぽい?)とは言え、なかなか仕事上でこういうベン(デニーロ)みたいな素敵なおじさまに現実出会う事は難しいとは思うんだけどww。。年の功、経験豊富で頼れる知恵者はどこかにいると信じたい。。
    ベンのような理想の紳士像。あのお手本のようなクローゼットの凄さたるや!!!ハンカチの意味合い等素敵でした。
    デニーロが素敵なお爺ちゃんになってて嬉しい。自分も素敵な齢の取り方をしたいと願うばかり。。
    アン・ハサウェイは相変わらず抜群のスタイルですばら。

  • オシャレな映画。憧れます!
    ロバートデニーロ演じるベンが良い。穏やかで誠実な紳士で
    、こんな風に年を重ねたい!!!
    何度も見返したいと思う映画でした。

  • 女性にとって、働くこと、家庭との両立を考えさせる映画。
    だけど重すぎず、楽しく爽やかにストーリーは進んでいきます。
    ベンが素敵です。あんな素敵な人と働いたら、自分の気持ちも穏やかのまま仕事ができるし、職場も和むだろうなぁと思います。

  • ロバート・デニーロ演じるシニアインターン生の対応が紳士的で細かいところにも気がつく理想の男性。アンハサウェイ演じるファッションサイトの女社長の生き方は、働く女性なら何か共感できる部分があるはず。

  • プラダを着た悪魔でアンハサウェイを好きになって本作を視聴。
    こちらは仕事ができる女性は風当たりが強く、そんな彼女をインターンであり70歳であるR.デニーロ演じるベンが支える。
    初めは距離があった2人もベンの目聡さで徐々に近づくことに成功し公私ともに信頼を得ていく。

    ベンのキャラクターが良すぎる。デニーロの演技が上手いのか、まさにこういう人がいてほしいの象徴。

    シーンで好きなのは、ベンのFacebook登録、ジュールズの母に誤送したメールの削除、サンフランシスコへの飛行機とか。

    良くできた良い映画でした。

  • 出張先でのホテルで、ジュールズ(アン・ハサウェイ)とベン(ロバート・デ・ニーロ)がベッドでお菓子をつまみながら、本音を語り合う場面。これが、現実場面でどれほど可能なのか?

    日本社会だったら、ほぼありえない?(笑)。
    多くのおじいさんは「勘違い」して狼になりかねない気がするし、女性は性的な防御感が働くから、まず部屋に誘うことはしない(誘ったら誘ったでなんでそんなことするのか?馬鹿だろ?とかバッシングもされるだろうし)。

    人として尊重しあえる安心感があることを示すいいエピソードだと思うけど、雲の上の理想という感じ・・

全61件中 1 - 10件を表示

マイ・インターン [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

マイ・インターン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マイ・インターン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マイ・インターン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする