パノラマ島綺譚 [Kindle]

  • 41人登録
  • 4.11評価
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 江戸川乱歩
  • 2016年5月17日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (81ページ)

パノラマ島綺譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桃源郷というには艶めかしくそれでいて地獄のような世界のお話だった

  • パノラマ島の描写が鮮やか。読むだけで旅行気分に浸れる。素敵。

  • 大正12年から昭和2年にかけて雑誌で連載された作品らしい。そう考えると当時の読者にとってはかなり斬新な作品だったと思う。途中島内の描写は読んでいてかなりダレたがテレビや映画が普及していない時代、衝撃の内容だったと思う。

  • 『孤島の鬼』が傑作だっただけに、大きな期待をしてしまったけども、残念ながらそうはいかなかった。



    圧倒的なパノラマ島の描写は、退屈と感じる人も多そうではあるけれども、人見廣介が今まで何年間も思い描いてきた夢の中を散歩できるのかと考えれば、ちょっと面白い。
    他人の夢の中にはそうそう入れないだろうし。

    しつこく「これを見ろ!これを見ろ!」と言わんばかりの細かな描写と文字の量は、絵の具のようにこの妄想を何度も何度も塗り重ね、大それた罪まで犯し、ついに実現させた、彼の執念を見せつけられているようだった。
    私が途中で「もうわかったから!わかったから!(はよ終われ)」と思ったにせよ、彼の執念がすごかったことは否めない。


    ところが終盤。
    ぽっと出の人物(一応序盤にいるけども)による探偵パートが始まってしまい、彼が得意げに犯罪の証拠を列挙。そして花火のラスト。私は興ざめだった。

    もっと何か、隠された血縁とか、秘密とか、何か驚くべき事実のようなものが……、あると思っていたよ。
    それがあれば、物語がひっくり返って、人見の転落もまだ腑に落ちたのだろうけど……、没原稿や柱といった証拠は、読者にとっては人見の罪の追認でしかないし……、少なくとも私には、そういう衝撃をもたらすものではなかった。
    ただただ、探偵という「理性」の登場によって、パノラマ島が、人見が、「幻想」が、終わった。
    そんな印象だけが残った。


    「赤い部屋」や「人間椅子」を読んだときも思ったのだけど、乱歩は読者を幻想・怪奇に酔わせておいて、そのあと非情にも引っぺがす、ということをやる場合があって、今回もそれと同じような欲求不満を覚える。

    まあでも、タイプはちょっと違うかもしれないなー。
    上の2編は「もっと幻想世界に浸らせてよォ~~意地悪ッ!」という感じ。

    この話は、「せっかく面白そうな世界に浸ってんだから、もっと面白いもん持ってこない限りは起こさないでくれッ!」という感じだと思う。
    面白いものを持ってこなかったから、私はこの探偵に反発心がわいたのか。


    ポーと同様、乱歩は幻想・怪奇と理性(探偵推理)という、相反する性質のものを描いていて、そこが魅力だとも思うのだが、この作品では性質そのまま、一方が他方を打ち消してしまったようだ。

  • どんなに些細な事でも,気付く人はいる.

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

パノラマ島綺譚を本棚に登録しているひと

パノラマ島綺譚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パノラマ島綺譚を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パノラマ島綺譚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パノラマ島綺譚はこんな電子書籍です

ツイートする