腐女医の医者道! (コミックエッセイ) [Kindle]

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : さーたり
  • KADOKAWA / メディアファクトリー (2016年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

腐女医の医者道! (コミックエッセイ)の感想・レビュー・書評

  • 女性だから子育てがのしかかってキャリアが積めないというのがまかり通る中で仕事も子育ても頑張っているのがすごい。もちろん旦那さんの協力有りきでしょうが。
    そんな中で旧時代的な教授の言いぐさにかっちーん!
    指導者として甘いだけではやっていけないのはわかるけど、あの言い方はセクハラにあたるのでは?

  • 誤解を恐れずに言うと、「医師」という仕事は
    合法的に人の体を傷つけることが出来る仕事で
    人の生死を分かつ諸々の判断を強いられる機会の多い仕事で
    だからこそ、何よりも尊いものを守ることが出来る仕事、だと思う。

    映画や漫画でお馴染みの「お医者さん」だけど
    生命を守るために日々奔走する姿が報じられることはあまりない。
    愛憎やら権力闘争やらを描いた物語がウケる時代には
    華やかでドロドロとした医局の内情なんかの
    現実とかけ離れた医師像が提供されてしまうのは仕方ないのかもしれないけれど
    現場は私たち患者側が想像するよりずっと、必死にひとつひとつの命のために動いている。

    そんな世界が伝えられることがなかったのは
    現場で働く先生方が忙しくされていたからであって
    だからこそ、この本はすごく貴重で大切なことを伝えてくれているんだと思う。

    自身の「医師」という仕事を
    「死ぬための準備を悔いなく過ごす手伝い」と形容しているところに
    さーたり先生の謙虚で温かいお人柄が表れているな、と
    堪えきれなかった涙を流しながら、思ったのでした。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

腐女医の医者道! (コミックエッセイ)はこんな電子書籍です

腐女医の医者道! (コミックエッセイ)の単行本

ツイートする