キャロル [DVD]

  • 286人登録
  • 3.71評価
    • (20)
    • (44)
    • (38)
    • (7)
    • (0)
  • 34レビュー
監督 : トッド・ヘインズ 
出演 : ケイト・ブランシェット  ルーニー・マーラ  カイル・チャンドラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111250100

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キャロル [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 年上の同性キャロルとの出逢いと経験を機に、「サナギが蝶になる」という言葉そのままに、不安や迷いで停滞しているあどけなさが残る姿から、自我を持つ成熟した女性へと変貌をとげていくテレーズを演じきったルーニー・マラの演技が見事です。
    完璧なようで脆く、蠱惑的に美しい大人の女性キャロルを演じたケイト・ブランシェットももちろん素晴らしかったです。

    広報等ではLGBTの面が強調されていましたが、各シーンを脳内で再生して、見方や考え方、映像が与える印象の受け取り方を少しずつ変えるだけで、全く違う意味を持つ、シンボリックな作りになっている点も見事です。

    例えば、ただストレートに、1950年代のLGBTへの社会的扱いを取り上げた物語とも、自分を従属物とみなしている男性や規範から離れることを選んだ女性たちの自我の目覚めと自立の物語ともとれます。
    けれど、ところどころ緩慢で印象的なカメラワークや被写体を明確に捉えないシーン、登場人物たちの振る舞いや視線、何気なく漏らされる、脈絡や辻褄の繋がらないいくつかの会話などから、明確に描かれていないそれぞれの心理を想像してつないでいくと、世間知らずの女の子が百戦錬磨の孤独な女王さまに意図的に絡めとられて道連れにされる、ある種の怖い物語だったようにも思えてきます。
    そしてまた、他のシーンをクローズアップすれば、もっと別な物語像になってきます。妄想膨らましすぎかもしれませんが…。
    彼女たちを待ち受ける未来が明るいのか暗いのか、想像のできないラストシーンのせいでしょうか…。

    でも、ここまで邪推しなくても、カラフルなはずなのに常に薄闇がかかったような陰影のある映像や、レトロで可愛いファッションや小物、音楽など、素直に十分楽しめる映画です。
    特に、マラが着ていたジャンバースカートやコートがすごく可愛くて、同じものが入るならすぐ買う!ってほど興奮しました。

  • どこまでも静かに、美しい物語。

    時代背景を考えれば、
    多くの人にとっては同性愛の「不道徳」さは計り知れず、
    だからこそ互いを純粋に求める感情を、
    抑制しながら、奥底に抱えながら、
    解き放たれる瞬間を待ちわびるのだろう。



    いやー、髪型から衣装、
    小物や家具や車まで、
    何もかもがスタイリッシュでうっとりしてしまう。

  • 請求記号:16D107(館内視聴のみ)

  • 雫滴る車窓から女優たちの顔がアップで映される。あるいは周囲も光も照り返す埃でややくすんだ窓から何かを見つめる女の顔を映す。室内や車内でも、カメラは内側からでなく外側から窓を挟んで女優たちの顔をカットする。視線のその先ではなく、視線そのものを表現しているかのようなショットの連続がこの映画を観終えた後に脳裏に焼き付いて離れない。


    本作は女性同士の恋愛を描いたパトシリア・ハイスミスの原作小説を映画化した内容。
    だが、勝手な解釈をすると同性愛がどうのこうの恋愛がどうの、といったテーマはこの映画では二の次で(監督が意図したか分からないが)人の「視線」を詩情豊かに描いたものだと思う。生の起点はまなざしにある。視線の先からあらゆるものが生まれる。喜怒哀楽、恋も愛も、希望も絶望も。まなざしとまなざしが交差した瞬間に恋が始まる。相手がどこの誰であれ(たとえそれが同性であったとしても)そんなことはどうでもいい。それだけの話。


    映画の出来は申し分なし。丁寧で細かな演出は50年代の美しい調度品と相俟って見惚れる。冒頭。キャロルとテレーズのリッツでの食事から回想へと至り、ラストで冒頭シーンへと戻る構成の妙が効いていて、飽きさせない物語の運びがいい。
    スカーフやライターでキャロルとテレーズの生活環境の違いを表現したり、物で人物造形する心配りと細かさも抜群に巧い。喫煙にうるさい時代に煙草を吸うシーンもしっかり描いている。女優たちが綺麗にかっこよく煙草を呑んでくれる様がまたいい。紫煙さえ艶かしい。
    テレーズの恋人リチャードとの喧嘩が部屋の壁を挟んで繰り広げられるのは、男女の間に立ち塞がる壁ができたことを暗示しているよう。
    あと、暗示でいうとキャロルとテレーズの車旅に使った灰色の自動車。旅路の結末を匂わせるような配色の演出が細かくて心憎い。
    特に注目したのがキャロルとテレーズの電話シーン。ここ好きです。2人の女優のアップのショット。画面比でキャロルとテレーズの距離感、関係性の変化から心情描写まで実に見事に表現している。トッド・ヘインズの演出は細部まで行き届いている。

    主演のケイト・ブランシェットの演技は安心して観ていられるけど、なんといって本作で光ってるのがルーニーマーラでしょう。前髪が可愛くて見惚れます。これが「ドラゴンタトゥーの女」と同じ女優だとは信じられん。

    官能美を全面に押し出すわけでなく観終えた後に静かな余韻を残す詩情に溢れた良い映画だった。

  • 美しいふたりの美しい物語だった。
    美しい人妻を演じたケイト・ブランシェットはもう魅惑的でかつ少女っぽさもあり惚れ惚れします。
    ルーニー・マラはあか抜けない感じだったのがとても美しくなっていきます。
    ふたりの行く末がどうであれ幸せであることを願うけれど、なんかモヤモヤした終わりではありました。でも雰囲気とかはとてもいい。
    いろんな見方があるかも。美しいものはそれを持つ人間と憧れる人間を落とすこともあると思う。

  • ケイトってこんな顔だったっけと思ったら、ウィンスレットと間違えてた(;'∀') それにしてもケイト美しい。切ないけど、こんな風に自由に気丈に生きたいなと思った。 映画の作り方(始まりと終わり)も良かった。

  • 原作は 1952年の The Price of Salt
    当初 クレア・モーガン名義で出されたが、 The Talented Mr. Ripley -- かの ”太陽がいっぱい” のオリジナルを書いた パトリシア・ハイスミスの作品。
    ハイスミス自身が、根っからのゲイであったことがモチーフになっているのであろう ....と、わかったのは後世のこと、1952年という時代は、この映画にも共通しており、切なさを濃く演出する。

    というような背景抜きにして観たら、ブランシェットがとってもステキ、でしかない話だと思う。
    1950年の NYブルジョワ層の 少し退廃感もあるエレガンスと、相手役のショップ店員や逃避行中のモーテルなどの庶民階級との対比が「それでも自分に嘘はつけないわ」を気高く見せるのでしょう。。ね。。。 
    全然面白くはないけど m(_ _)m

    どんな男よりも女よりも、こんな小さい娘を、と思ってしまうのでありました。

  • 完全にすき。
    静謐で上品な雰囲気をまとった映画。

    女優2人の演技が素晴らしいし、50年代の装いにどうしようもなく心が惹きつけられました。

  • on the flight to singapore

  • クリスマスシーズンのデパートの人混みの中
    同時に視線が合った2人。
    理由もなく互いに惹かれ合うも男性優位社会
    であり同性愛が今より偏見の合った時代だった
    為に数々の困難が2人を待ち受けていた。

    静かに流れる物語の中で強く惹かれ合う
    キャロルとテレーズ。 2人が旅の最中の一線を
    越えるシーンは美しく,理屈なしで大事なのは
    その人自身に惹かれるかor惹かれないのかが
    大事だと強く感じさせられた。

    最初と最後の2人の視線が交じり合うシーン
    が1番好き。

  • 洋画はときどき話が飛びすぎてついていけない。何回ん??って言ったか…
    テレーズがとにかく可愛かった。チェックのベレー帽とかもう。

  • 二人の女性が出会い、惹かれていく話。理屈抜きで「この人が好き」以外の理由はない。
    言葉以上に、視線だけで人の心は通うものなんだと知った。そして多くを語らないラスト、私はとても好きだ

  • 上品な作品だ。同性愛がタブーだった時代の禁断の愛を描いていて、しかしこちらを煽り過ぎることなく(言わば「俗情との結託」に触れずに)丁寧に描き切ったその真摯さは評価に値する。悪く言えばそういうセンセーショナリズムに頼っていないせいかやや平板で、もう少し「タブー」としての側面を強調させるような細工が必要だったのではないか、あるいは(これは私が「恋愛」を遂に理解出来ない人間だからかもしれないが)ふたりが恋に落ちる過程をもっと丁寧に描いていれば……と惜しく思わなくもない。ただ、そういうことをやってしまうとこの映画の持ち味である「上品さ」そのものが失われるとも言えるので、そのあたり悩ましい。「赤」と「緑」をどぎつくなくしかしさり気なく至るところに配置しているその色彩美、そしてケイト・ブランシェットを映した写真の美しさも褒められるべきだと思う。ので駄作ではない。ただ、手放しで傑作とも呼びかねる。何処か松浦理英子作品にも似ている?

  • 正直、家族計画やパズルが組み合わさるように感じられるパートナーを求めなければ、恋に落ちる(ときめく)ことは同性(女性)に対してでもありうる。共感としてのやすらぎがそこにあるかも。それ以上の体の関係を求めたいと思ったことはないけど、仮に彼女たちが置かれた時代や状況だったとしたら、その究極の男性社会を厭うように同性への想いが強くなる可能性はありそう。

  • ノーマルな主人公が同性を好きになってしまったことに気付いて泣いたり、化粧品やら香水やらを試しあってイチャついたり、百合の文法そのまま当てはめられる映画だった…とか書くのは作品に対して申し訳ないような気もするほど、いい映画。
    一度断り、パーティで気が変わってキャロルの元に戻るわけだが、あのパーティにそんな人生を左右するほどの何かがあるのか、全く読み取れない。そこが一番大事なとこなのに…口惜しい。

  • 最後の辺りのテレーズがオードリーヘップバーンのようだった

  • マスターピース! 万人向けの、上質で普遍的な恋愛映画。或いは、美しいものを愛し求めるすべての人に。LGBT云々というのは、自分がそちらに疎いせいかあまり感じませんでした。

  • 215本目
    トッド・ヘインズ
    『キャロル(CAROL/The Price of Salt』
    視線の映画。
    雑踏の中で初めて二人が出会い視線を交わす瞬間の官能美、肉体の交わり以上にエロティックなあの一瞬で完全に持っていかれた。
    全編通して50sファッションが素晴らしいのだが、それもそのはず監督は『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ。
    50年代アメリカを撮らせたら当代随一、ルーニーがずっと被っている帽子なんて最高に素敵。
    気品に満ちた気高い精神と美しさはトム・フォード『シングルマン』に匹敵する、素晴らしい。
    一気に引き込まれる導入から余韻に満ちたラストショットに至るまで完璧、人が人に惹かれる姿を真正面から真摯に捉えた本物の恋愛映画。
    紛れもなくトッド・ヘインズ最高傑作。

  • 美しい二人の女性を見て眼福にあずかる映画だった。
    前評判とか宣伝の感じから清らかな女同士の友情物語だと勝手に思い込んでいたけど全然そんなことなかったし、ストーリーそのものよりも眼福のほうが勝っていた。笑

    前半と後半でキャロルとテレーズの印象がそれぞれがらりと変わる。
    キャロル→前半:ミステリアスで惹かれる。可哀想な女性 後半:自分勝手で情緒不安定
    テレーズ→前半:陰気。優柔不断。 後半:自分をしっかりと持つようになって美しくなった
    という感じに。

    二人が旅の道中、一線を越えるシーンでなんかがっかりしたのはなんでだろう。
    同性愛を嫌悪しているのとは違うんだけど。
    お互いに男性優位な状況にうんざりしている二人には、もっと精神的な結びつきで励ましあってほしいという勝手な期待があったのかも…。
    (でもそう思ってしまうこと自体、キャロルの夫やテレーズの彼氏側に自分がついているようでちょっと嫌な気もする…。)

    この男性優位の状況から逃げ出したいというよりは、ただ単にキャロルとテレーズが一目で恋に落ちて二人きりで旅をしたかったってだけなんだろうな。好きになった人がたまたま同性だったというだけで。(キャロルのほうはわからない。慰めとしてテレーズが欲しかっただけかも)
    キャロルもテレーズも、それぞれの男性パートナーのように、相手を束縛したり決めつけたりしないけど、だからこそ煮え切らない曖昧な関係になってしまっている。

    ラストシーンの二人の微笑はどうとらえたらいいんだろう?個人的には保健の先生のように「テレーズ、自分を大切にして!」と言いたい笑

    それにしても本当にキャロルもテレーズも美しい。
    50年代のファッションや街の様子も素敵。

  • これ宣伝で観たときに、絶対映画館で、と思ったんだけど行けずじまいで結局レンタル…でもレンタルで充分だったな…
    【そういう】流れの作品だとはちゃんと知らなかったー…偏見とか拒否反応、ある訳じゃないんだけれど、そうじゃないと思ってたから何か途中でうんざりしてしまった

  • きれいな映画と言えばいいのか…。ボーイフレンドとかデパートの仕事はどうしたの?

  • 50年代のニューヨーク。
    写真家を目指し、デパートで働くテレーズは、娘のクリスマスプレゼントを買いに来た美しいキャロルに一目惚れする。彼女が忘れた手袋を郵送したことで、ランチに誘われ、家に誘われ、やがて旅に誘われる。
    恋人のリチャードからのヨーロッパ旅行には気乗りしなかったのに、キャロルからの誘いには即答する。
    最初は憧れかと思っていた気持ちも、トロフィーワイフ扱いの夫と離婚する不幸なキャロルと過ごすうち、二人は愛し合うようになる。
    夫のハージは二人の関係が気に入らず、また過去にキャロルが幼馴染の女性アビーと関係を持ったことから、娘の単独親権を主張しだす。
    しかし、旅先で夫の雇った探偵にベッドシーンを盗聴され、キャロルはテレーズの前から消えてしまう。

    やがてキャロルは後悔し始め、娘のために親権を夫に渡し、テレーズに会いに行くが…

    ケイト・ブランシェットがものすごく美しい。好きになっても仕方ないって思うほど、魅力的で気品があって寂しそうな表情や娘を愛する姿が綺麗。
    最初は何も知らない若い女の子なルーニー・マーラも成長していき、終盤には在りし日のオードリー・ヘップバーンみたいに綺麗。
    何もかも捨てて、恋に身を投じる、素敵なラブストーリーだった。

    原作は50年代に書かれたパトリシア・ハイスミスの別名義での小説らしい。

  • とにもかくにもケイト・ブランシェットが美しいんだ…

  • とにかく美しいってことで
    評判みたいだが、
    同性愛のラブストーリーって
    共感しにくい。

    同性愛を差別するのではなく、
    好きになった、惹かれ合った瞬間や
    どうして付き合い続けるのかが、
    説明不足。わかりにくい。

    全体的に展開のテンポも良いし、
    雰囲気も良いけど、
    ただ、わかりにくい。。。

全34件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キャロル [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

キャロル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

キャロル [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする