ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 早川書房 (2016年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910084390965

ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 漫画
    ・高橋葉介「マリッジミーティング  第一会 美宝子」

  • 今週の楽しみ。
    偶然発見したミステリマガジンのダール特集。
    日本で未訳の短編もいくつか載っていて、これをちまちま読むのが楽しかった。
    ただ1つ!南から来た男の前に落語がトリビュートで挟まれていたけど、話の筋が似てるのでダールの落ちが霞んだ。落語もおもしろかったけど、そこだけちょっと残念だった。
    でも飛行士の話はすごく面白かった。

  • 「スモークチーズ (初訳)」ロアルド・ダール 田口俊樹(訳)
    「マリッジミーティング 第一会「美宝子」」高橋葉介

  • ロアルド・ダール生誕100周年の特集。正直なところ、ダール氏のことは知らなかった。ところが、「おとなしい凶器」のネタはどこかで聞いたことがあると思い出した途端、名前は知らないけれど素晴らしい作家だったと分かった。氏の短編はどれも面白い。今回の特集で収録されたもの以外の作品も読みたくなった。早川書房の告知なのだが、新訳版などが出るので、読んでみようと思う。今号では、「Was Me Mad?」の翻訳が「狂気か正気か」(日暮雅通 訳)と「我狂せり哉」(江戸川乱歩 訳)の2本で収録されている。読み比べが楽しい。また、夏目漱石の「彼岸過迄」で「Was Me Mad?」が触れられているのを知ると、そんな古い作品なのだと気づくとともに、現代にも通じる普遍的な面白さがあることが分かる。

全4件中 1 - 4件を表示

ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする