海の見える理髪店 (集英社文芸単行本) [Kindle]

  • 58人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (7)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 荻原浩
  • 集英社 (2016年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (153ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
西 加奈子
池井戸 潤
東野 圭吾
池井戸 潤
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017_06_20-58

  • 久しぶりの萩原作品。表題を含めた六つの短編集。短編それぞれに引き込まれるポイントと結末があって面白かった。冒頭の表題作は是非二度、読み返して欲しい。

  • 2017/2/6 No.4

  • まず、電子で買ったので、短編集だということを知らなかった^^;

    タイトルの短編は期待通りの作品だったが、他は深みはなかった。

    ちょっと残念。

  • それぞれ、一人一人に人生あり。

  • 表題作はさすがにうまいなあ、と感じた。特に後半。どんでん返しに至る伏線の貼り方もさすがだと思った。
    短編集としてはどうだろうか。どれも重い問題をテーマにしているので、少し痛々しい部分も多いかな、という感じだ。

  • 第155回(2016年)直木賞受賞作。心にじんわり沁みてくる家族をテーマにした短編集。どの作品も、人生の紆余曲折がにじみ出ており、登場人物の心理描写が秀逸。
    特に、理髪店の店主と、最初で最後の予約を入れた客とのやり取りが描かれている表題作「海の見える理髪店」が良かった。最後にはっとさせられた。

  • 直木賞受賞作。6つの短編からなる作品集だが、一つ一つの作品が静謐な味わいを持っており、素晴らしい作品。

  • あったかい話と思いきや
    なかなかエグみのある短編集。

    読むコンディションとタイミングを誤ると
    感情移入してダメージを食らいそう。

    表題作は良い話。
    「空は今日もスカイ」は印象的な話。
    「成人式」は重松清っぽい作風。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)はこんな電子書籍です

海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)のハードカバー

ツイートする