悩みどころと逃げどころ(小学館新書) [Kindle]

  • 139人登録
  • 4.07評価
    • (12)
    • (24)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
  • 小学館 (2016年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (131ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
稲垣 えみ子
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでると誰かと議論したくなるという意味では良い本かも。

  • 「日本の学校教育」をテーマに、考え方の全く異なる2人の対談をまとめた本。自分は学歴エリートちきりんさんの言う「素直でいい子」だと思う。テストで高い点を取ることで褒められたいと思っていたから、一夜漬けの勉強ばかりだったし「自分の頭で考える」ことをしてこなかった。良い発見だったのは、「自分の意見がない」のは学校の教育が原因だったというもの。大事な時期に学校的価値観を刷り込まれたことが非常に残念だし、気がつけなかった自分も反省。「学校エリートと仕事ができる人って、同じじゃない」という意見に納得。社会的評価を目指さず、納得できる自分の居場所を探していこうと思う。

  • イヤだと思ったらさっさとやめて、いろんなことやればいいじゃん。というちきりん氏と真逆の考え方を持つ梅原氏の対談が面白かった。弱っているときはちきりん氏の声に耳を傾け、気力が充実しているときには梅原氏のストイックな姿勢を見習うのがいいかも。 人生に正解なんてないからみんな悩む訳だけど、しっかり悩んで苦しんで、できることはやった上で、確固たる”納得感”を得て死にたい。

  • 20161231読了
    人生論、学校教育について対談について書かれた本。
    学校教育的な価値観
    納得感という言葉が印象的
    足掻くことも大切
    やりたいことがある人生も苦しい
    逃げるんじゃなくて、自分の居場所をさがす

  • 自分の子どもにぜひ読ませたい。
    学校以外にも場所を作ろう。
    何でも出来る子ではなく、夢中になれることを探させよう。

  • 超ストイック一極集中型人生のウメハラさんと学歴エリートで幅広く経験積んでのほほんといきたいちきりんとの人生論対談はどっちもすごく対局で思考を揺さぶられるから面白い。

    ふたりとも深く思考を重ねているので、回を追うごとに議論が深まっていくのがおもしろ。
    あとがきにあった“議論を整理してきた人が、ゼロから考えてきた人に勝てたりはしないんです。”というフレーズがとても印象的でした。

  • 対談本ということでインタビュー形式なので、さらっと読める。基本的に自分はちきりんの意見に共感しがちだったが、おそらく自分が学校的価値観に縛られているからだと思う。そこからいかに脱却して自立できるか、自分の考える道を進めるかな気がした。個人的にはちきりんだけの本の方が好きだった。

  • 20161103読了

  • 噛み合うような噛み合わないような。
    同じ方向を向いているが、目指す場所は違うような。

  • いろいろな事にチャレンジすることと一つの事に熱中する事のバランス。

全21件中 1 - 10件を表示

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)の新書

ツイートする