SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル [Kindle]

  • 110人登録
  • 3.65評価
    • (9)
    • (10)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 長尾 高弘  まつもとゆきひろ 
  • 日経BP社 (2016年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (495ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
エリック・リース
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライフハックなノウハウ全部入りの印象。

    特に第4部が自分の中では一番刺さった部分。
    kanbanflowは読んでから使ってます。

    読んだときの自分の立ち位置によって刺さるところは違うけど1冊あって損はないんじゃないかと。

  • 実際的で身の丈にあった生産性向上方法の紹介がされている。とくに遠隔勤務の章は参考になる

  • 最近のソフトウェアエンジニアが参考になりそうな生き方が書かれている。ポモドーロテクニックのようなプログラミングに関する話から、不動産投資の話や体の鍛え方まで、著者の体験をもとに書かれていて、幅広い内容になっている。

    「動く車のハンドルは切りやすい」という文言が、昔でいうところの「射撃しつつ前進」という言葉に通じるところがあって、時代によっても共通した考え方はあるのだということを感じた。

  • ソフトウェアエンジニア向けの書籍
    ところどころ役に立つ内容はあるが、全体的に内容は薄いし、読んでいて退屈な文章

  • キャリア形成をはじめ、ソフトウェア開発者の人生についてかかれた本。自身として現在は、純粋なソフトウェア開発者ではなくなったけど学習プランの立て方、ソーシャルメディアの使い方など学べたことは多い。

  • 自分の人生マニュアルになりそうな本です。
    ソフトウェア開発者のための本であってソフトウェア開発の本ではありません。

  • 投資、健康、人間関係からなにから広く浅く開発者が金持ちになる方法を扱った自己啓発本。

    ソフトウェア開発と同様、人生にも銀の弾丸はないのだと教えてくれる。

    興味のある/必要な部分をぱらぱらっと読むにはよいが、それに3000円は高いな

  • 時間を有意義に使って、エンジニアとして成長していこうという内容の本。
    かなりストイックな内容。
    章が細かく多いので、ちょっとづつ読めるし、読んだらやる気が出る。

  • 話題の本を読み終えた。もともと積読というか、気になる章だけかい摘んで読んでいたのだけど、一通り読むことにした。
    後半へ進むにつれて、どんどん啓発的というか、精神性を語る内容になっていくので、ページをめくるスピードは上がっていく(読み飛ばし的な意味で。)第1部のキャリアに関する話や、第55章はひとりの人間の人生を聞けるという意味では良かったと思う。

    とはいえ、著者自身にずいぶんとフォーカスされた話も多く(著者もそれを自覚している)、また米国基準で、日本だと置き換えるのが大変そうな項目もあるので、どこまで参考に出来るかは難しいと感じた。
    抽象化能力というか、自分に置き換えるならこうだ、という視点は常にもって読まないと、あまりタメにはならない。

    ものすごく大量のブログを1冊にまとめたような構成で、『ハッカーと画家』などを思い出した。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルはこんな電子書籍です

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルの単行本

ツイートする