黄金の烏 (文春文庫) [Kindle]

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 阿部智里
  • 文藝春秋 (2016年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (250ページ)

黄金の烏 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ第3作目。文庫化されるのを待ってから読了。
    前2作は表裏一体の序章的位置づけだったため、本作から本格的に物語が進んでいく。大猿と仙人蓋の謎を解くために、若宮と雪哉が奔走する話。若宮自身の「真の金烏」についても、その本質が少しずつ明らかになっている。
    ストーリー展開もどんでん返しも、よく練られていて、ファンタジーとして楽しめた。阿部さんが描く八咫烏の世界観が定着してきたからか、前2作より、一層面白くなっている気がする。後続にも期待。

  • 【八咫烏の世界で繰り広げられる壮大なファンタジー】八咫烏の世界に、危険な薬の被害が続出。その行方を追って旅に出た若宮と雪哉の前に出現したのは人を喰らい尽くす大猿だった……!

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

黄金の烏 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄金の烏 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄金の烏 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄金の烏 (文春文庫)はこんな電子書籍です

黄金の烏 (文春文庫)の単行本

ツイートする