君の名は。(通常盤)

  • 152人登録
  • 4.39評価
    • (22)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
アーティスト : RADWIMPS 
  • Universal Music =music= (2016年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988031167618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

君の名は。(通常盤)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 君の名は。を観てきました。
    映像が綺麗だし、ラッドウィンプスの音楽も世界観にあっていた。
    声優も上手くて、特に上白石萌音が良かった。神木隆之介君も。

    時空を超えて未来が変わるのはよく分からなくなるが、非常に良かったと思う。お正月に観れて良かった。

  • 愛し方さえも君の匂いがした

  • 聴くと、映画のシーンが、蘇る

  • これまでのRADWIMPSの曲と比較すると、楽器による表現方法などを踏襲する形でRADWIMPSらしさを維持しながらも、メロディーラインと醸し出す世界観はこれまでなかった新鮮味のあるものとなっており、新たなRADWIMPSの色を形成していると感じた。毎回、野田洋次郎の作曲のセンスには驚かされるばかりなのだが、今回は特にメロディーラインのセンスが半端ないなと思った。
    また、映画のBGMの曲もアルバムに多く入っているのだが、これらもしっかり適切な世界観を醸し出しつつ、一方でRADWIMPSらしさを垣間見せるものとなっている。BGMの曲って結構難しいと思うのだが、これも難なくいい感じに仕上げているのはさすがとしか言いようがない。
    おそらく前前前世が最も代表的な曲だと思うのだが、個人的には最初の曲である夢灯篭という曲が一番すごいなと思った。これは完全に主観的な話なのだが、RADWIMPSの曲はこれまではイメージとしては色で言うとオレンジ系の曲や茶色の曲が多いと感じていたが、この夢灯篭は完全に青系の色であった。こういうところも、個人的には新たなRADWIMPSの形のように思えた。

  • RADのアルバムと思いきや、サントラ!
    びっくり!!

    多分、使用順。
    時々思い出してぐっとくる

  • 確かに絵はとても美しいしグッとくる場面もあったが大ヒットとは思えないのは、私が10代20代の気持ちを忘れてしまったからか。。。観る前にハードルを上げすぎて始まってすぐネタバレがわかってしまった…
    (@ユナイテッドシネマ豊洲)

  • 主題歌、劇中歌、BGMが本編で流れた順番で収録されています。聴いていると、映画のストーリーをありありと思い出されて胸が苦しくなります。音楽の力は凄いですね。

  • 1. 夢灯籠
    2. 三葉の通学
    3. 糸守高校
    4. はじめての、東京
    5. 憧れカフェ
    6. 奥寺先輩のテーマ
    7. ふたりの異変
    8. 前前前世 (movie ver.)
    9. 御神体
    10. デート
    11. 秋祭り
    12. 記憶を呼び起こす瀧
    13. 飛騨探訪
    14. 消えた町
    15. 図書館
    16. 旅館の夜
    17. 御神体へ再び
    18. 口噛み酒トリップ
    19. 作戦会議
    20. 町長説得
    21. 三葉のテーマ
    22. 見えないふたり
    23. かたわれ時
    24. スパークル (movie ver.)
    25. デート2
    26. なんでもないや (movie edit)

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

君の名は。(通常盤)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

君の名は。(通常盤)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

君の名は。(通常盤)を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする