阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 阿吽社 
  • 小学館 (2016年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 人というのは見苦しいものである。権力を持ったものほど。は、さておき。最澄が見出した灯は…「「救い」というのは、限りのあるものではない!」という最澄の言葉のほうが重く、まやかしであると言い切った徳一はいいがかりのように見える。「頭を下げる者に金は託せん。頭をもたげて遠くを見る者にこそ、力を貸したいと思う者だ。」阿刀大足の天邪鬼っぷりは敵に回すとやっかいではあるが。「けど道には通り方があるということや、周りを味方につけて通らんと道は段々狭うなる。「行く先」を決めるのは、「来た道」でしかないで…」霊仙がその後三蔵法師となる話はまた別の機会として。「きちんと衣を着るというのは、礼と節をまとうということだ。」勤操のおっさんも野生児のような空海には手こずるか。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル)はこんな電子書籍です

阿・吽(4) (ビッグコミックススペシャル)のコミック

ツイートする