重版出来! DVD-BOX

  • 64人登録
  • 4.37評価
    • (15)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
出演 : 黒木華  オダギリジョー  坂口健太郎 
  • TCエンタテインメント (2016年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474176347

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

重版出来! DVD-BOXの感想・レビュー・書評

  • 今期のドラマで一番好きでした。
    何気に良かったのが、安井さんの話かな。
    「ツブシの安井」と言われ、嫌~な人に思えましたけど、あんな過去があったんですね。
    理想や綺麗事だけでは雑誌は立ちゆかなくなるのです、という現実。
    そして、雑誌を継続させるために、「利益最優先」という嫌われ役を買って出ていて、編集長や副編集長は、ちゃんとそれを理解している、みたいな。

  • 華ちゃんがもう明るく元気でなんにでも一生懸命ひたむきに頑張っていて、観てて微笑ましく可愛らしかった。

    1話ごとに誰かにスポットがあたり、それが全話面白くてホロリとする回もあったり、胸が熱くなる回もあったり、ドラマを通じて編集のお仕事や、編集者と漫画家さんとの繋がり、書店との繋がりなど、普段知ることが出来ない”漫画が書店に並ぶまで”の課程を少しでも知ることが出来て感慨深かった。

    いいドラマだった-!また観たい!!

  • スポ根女子×マンガ雑誌編集者な訳だが、必要以上にキラキラしないしラブ要素も控えめの直球お仕事ドラマ。
    はじめは黒木華ばっかりじゃお腹いっぱいかなぁ、と思いきや、同僚編集者やマンガ家が軸になったりしてすこぶる均整が取れていて、ポジ出しには持ってこいの気持ちの良い作品でした。

  • かかりつけ医の待合室にコミック版(松田奈緒子原作)が置いてあって、1巻を読んでから続き読みたいなーと思っていた作品。
    ドラマ版がTBSチャンネルでやってたので観賞。
    色々賞も取ってるみたいで面白かった。
    脚本は野木亜紀子。

    1話を見て。
    黒木華、映画「幕が上がる」で見たけど、好きになった。
    安田顕、ムロツヨシ、オダギリジョー、松重豊、荒川良々と好きな俳優がたくさんでててうれしい。
    劇中漫画はゆうきまさみだ!継続して観る。
    ---

    最終話まで見て。
    マンガ・出版業界内幕物って言ったら、他には「バクマン。」とか「働きマン」とか「アオイホノオ」とかが思い浮かぶ。
    原作はどうかわからないけど、このお話は明るい場所だけでなく、漫画家の生みの苦しみや、電子化の波、編集部の様子や編集員の仕事、営業の仕事、版元、書店の現状なども描かれてて面白かったな。

    #8 編集長和田さん(松重豊)の「私ら大人は子どもの前でカッコつけなきゃいかんでしょう!」が心に残った。

    それと書店員河さん(濱田マリ)のるうるうの話「本の形は鳥の形」「自分の羽をりっぱな羽に育てたかったら本を読みなさい」の話がよかった。これはうちの子にもそういわねば。

    社長と五百旗頭さんの(5話)話、善い行いをして運をためる、って話。あらゆることを自分を勘定に入れずに(雨ニモ負ケズ)、とか、本の裁断シーンとかも心に残ったいい回だったなー。

  • 黒木華ちゃんの目が綺麗すぎて、
    純粋な気持ちに心が洗われた(笑)
    出てくるみんなが愛おしいキャラクター
    で、毎話本当におもしろかったー!!
    松重豊さんの和田編集長も
    お茶目で好きでした。

    運をためる

    心を震わせる

    響く言葉がたくさん。

  • なかなか面白かった。
    出版業界、とりわけ漫画の世界の話。中の人たちからしたらドラマの世界のないようなんてあまり現実味がないのかもしれないけれど、素人目にはとても新鮮で、新しい世界を見ることができたという喜びもあった。
    黒木華の演技は見たことがないので比較しようがないけど、しゃべくり007かなんかで私服はギャルソンとかが好きと言っていてとても物静かな印象だったのに、あんなばりばり体育会系になっていて圧巻でした。

  • スポーツじゃないけどまさにスポ根!みんなでものを作り上げるってすごい。毎週感激してた。出版やってみたい。愛が大きい!

  • 一話目から泣いてしまったからついつい見てしまった。
    それだけ面白かったんだと言える。
    黒木華あんまりいい印象なかったけど、
    このドラマでまともに観たのかもしれない。
    笑顔の素敵ないい女優さんだった。

    脇を固める俳優さんたちがまた良かった。
    オダギリジョーや荒川良々、濱田マリ、小日向文世、ムロツヨシ、安田顕、生瀬勝久。
    うーん、素晴らしい。

    天才・ド下手伯ならぬ中田伯が永山絢斗だと気付いたのは
    ドラマが終わって口コミを見てから。
    なんかすごい人だな〜と思ってたら!
    永山絢斗は阿部サダヲの「ぱいかじ南海作戦」での印象しかなかったから
    爽やかイケメンがまさかの漫画家だったのかとびっくりした。
    と、同時にもう一度見返したくなった。

    出版業界の事はよくわからないけど、知ってみたいと思う程、
    素人にも分かりやすいいいドラマだった。

  • ひとえに黒木さん良ス

  • 夢を追う人たちに勇気を与えてくれる!

    黒木華が元気で可愛い!
    オダギリジョーが頼れすぎる上司!
    安田顕がドライ過ぎておもしろい!
    荒川良々はいつも通り!
    松重豊は激昂編集長!
    ムロツヨシの日の目を見ない姿が泣ける!
    永山絢斗の天才ぶりに嫉妬する!
    高田純次が普段のキャラとは正反対の真人間!
    1話しか出てない火野正平の存在感がすごい!

    たんぽぽ鉄道読みたい!ピーヴ遷移も読みたい!

    趣味は掃除と散歩。
    運を貯める生き方をしたい。

  • 本の匂いっていいよね
    星5

  • 「重版出来」
    それは出版業界に関わる全ての人が幸せになる言葉。週刊漫画の編集部を舞台にしたお仕事ドラマ。
    やっぱり野木さん脚本は素晴らしい!
    そして豪華キャストの意味は、全員がこの作品の主人公だから!!

    毎週1話完結なのにとても楽しみで、毎話泣いて、でも悲しい涙じゃなくて心が震えたからあたたかい涙で。
    見る度にいつもデトックスされた。
    大好きな作品に。
    これからはどんな漫画を読むときも、沢山の人が関わって生まれた作品だと心して読むようにしよう。

    最終回の五百旗頭と三蔵山先生がカッコよすぎる!!
    心ちゃんがずっと可愛すぎる!!
    DVDボックスは絶対買おう♪
    運を貯めねば。

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

重版出来! DVD-BOXを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

重版出来! DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする