米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営 [Kindle]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 田中靖浩
  • 日本経済新聞出版社 (2016年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (176ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営の感想・レビュー・書評

  • 【米軍式、人を動かすマネジメント】

    A.近年、日本企業ではトップが「計画」を作り、それを現場が実行したかを「管理」する、「計画による管理」が重視されている。だが、「想定できない変化」が起こる環境では、すべてを計画によって管理するのではなく、もっと柔軟に対応する新たな枠組みが必要になる。

    B.かつて軍隊は、十分な兵力や装備を用意して敵を圧倒する「消耗戦」で戦っていた。だが、湾岸戦争時の米軍は、消耗戦に加え、事前の計画にとらわれず、相手の動きをよく観察して臨機応変に戦う「機動戦」により勝利を収めた。

    C.機動戦で基本となるのは、「OODA(ウーダ)」という意思決定プロセスである。これは、「OODA ループ」と呼ばれる「観察→方向付け→決心→実行」の流れを何度となく繰り返す。
    1.Observe(観察):相手の動きを観察し、把握する。
    2.Orient(方向付け):どう行動すべきか、瞬時に判断する。
    3.Decide(決心):自らの判断で、決断を下す。
    4.Act(実行):決心した行動を実行に移す。相手が思わぬ動きをとった場合などは、再び「観察」から始める。

    D.どれだけ頑張って計画を作っても、未来を支配することはできない。変化が激しい環境では、当初の計画に固執する姿勢は大きな危険を伴う。
    「変化の激しい環境」とよく言うが、そこには2 つの意味が含まれる。1 つは「想定できる変化」のスピードが速いこと。もう1 つが「想定できない変化」が起こること。
    前者であれば、スピードを上げることで対応できる。しかし後者の想定できない変化が起こる環境では、スピードを上げるだけではダメで、計画と管理のあり方を見直すことが求められる。想定できない変化が起こる環境では、すべてを計画によって管理するのではなく、もっと柔軟に対応する新たな枠組みが必要になる。


    E.OODA ループにおける発想の転換
    OODA ループには、発想の転換が3 つある。
    ①事前の計画よりも、事後的な臨機応変に重点を置いたこと。
    ② OODA の始まりを自分ではなく、相手の観察に置いたこと。
    ③トップダウンでなく、現場パイロットを中心に置いたこと。
    この3 つは、20 世紀の代表であったピラミッド型組織に見られる「計画中心・自分中心・トップダウン中心」から、「臨機応変中心・相手中心・現場中心」への発想の転換である。

    F.顧客の様子をしっかり観察し、「その顧客にふさわしい」サービスで臨機応変に対応するのがOODA 接客。
    PDCA 接客には、決められた手順を守る従順さが求められる。一方のOODA 接客には、顧客に対する鋭い観察眼が要求される。PDCA接客とOODA接客では、それぞれに求められる資質が異なる。

    G.OODA で「動きながら考える」GE が最近、経営スピードのアップを目指す取り組み、「ファスト・ワークス」を始めた。実用最小限の製品を市場に出した上で、顧客の反応を観察し、それによって軌道修正するというものだ。ファスト・ワークスは、従来の「計画中心・自分中心・トップダウン中心」から、OODA の「臨機応変中心・相手中心・現場中心」への転換である。

全1件中 1 - 1件を表示

田中靖浩の作品一覧

田中靖浩の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営を本棚に「読みたい」で登録しているひと

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営はこんな電子書籍です

米軍式 人を動かすマネジメント--「先の見えない戦い」を勝ち抜くD-OODA経営の単行本(ソフトカバー)

ツイートする