はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しい [Kindle]

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹内雄司
  • 竹内雄司 (2016年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいの感想・レビュー・書評

  • 全体的なレビューとして、誤字脱字が非常に目立つ。また同じ言葉の繰り返しが多く、例え重要だとしても余り良い印象ではなかった。

    営業がどのようであるかのイメージは作りやすいが、自分のメリットを売るのでなく相手の立場になって考えるベネフィットを売ること。

    これが重要であるということを多方面から強調している。
    相手のベネフィットを売るのは、相手の直接得られる利益を宣伝するのみならず、可能なコストカット、生産効率向上、他との差別化など多岐にわたる。

    そして、営業は個人的な時間を割いてでも「成長」と「顧客やステイクホルダーとの関係維持」に努めること。

    少々古くさい、合理的でないと感じたところは学生ながらに感じたが、これが現在でもこの様に書かれて出版されるということは、実社会の写しであるとある程度納得をさせられる。

    しかしながらこの考え方をベースにすると、世間のいわゆるワークライフバランスは守られるケースが少なくなるし、間接的であっても労働時間は長くなるであろう。
    読んでいてより効率的に出来るところはないのかと疑問に思った点もあった。

  • ITシステム構築の仕事に就き、40過ぎて営業になってしまい、手にとってみました。

    30代後半には、社内プロセス的には営業が動く上流工程に関わっていたが、営業としての心構えやテクニックなど、よくわからず、教えてくれるような人もいないなか、これまでの経験の記憶と対比しながら読み進める事が出来、有益でした。


    自社発信で考えるのではなく、お客様の事を深く知る事や、だから、このコンセプト、投資対効果、お客様にとってこの様に役に立つ、なぜ、何のためにこの製品を開発したのか?、今までの問題点の何を改善したのか?改善による効果は何か?、既存のものと何が違うのか?、競合と比べて何が良いのか?
    特徴では無く、優位性、得られるベネフィットは何なのか?

    『顧客が買う理由は、その設備導入によって「利益を生み出すこと」』

    これまで、顧客が買う理由を考えた事が無かったと気付かされました。

    自分の提案が、顧客の利益を生み出せるかどうか
    、そして、投資回収という視点も自身の活動に組み込んで行きたいと感じました。

    Amazonプライム特典だと無料で、買っても103円。
    個人出版で、ここまでの内容なんだから素晴らしいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいを本棚に登録しているひと

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじめて営業になる君に知っておいて欲しい7つのこと: 営業職に配属された絶好の機会を豊かな人生の架け橋にして欲しいを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする