あした死んでもいい片づけ [Kindle]

  • 18人登録
  • 2.78評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 興陽館 (2015年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あした死んでもいい片づけの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巷には様々な片付け本があるが、本書は老後を見据えた片付けとなっている。しかし、若くてもいつ死ぬか分からないので、参考になるところはある。
    生前整理ということを頭に入れての片付けは、家の中をすっきりさせるには一番効果的な考え方のように思う。これから先、なにがあるか分からない、なにかに使えるかも、必要となるかも、という考えでは、一向に片付けが進まないからである。断捨離やシンプルライフ、ミニマリストと方向性は同じだが、一日30分の抜きという点や生前整理という視点をもつことが本書の特徴である。今まで物を減らしたくてもなかなか減らすことができなかった人にはお勧めだが、もうすでにすっきりとした生活をしている人がミニマリストを目指すという場合には物足りないかもしれない。

  • 1日30分、決めた場所で抜く作業をする。
    シンプルで、すぐにも実践できそう。
    お片付けの本では、中身を全部出す方法が多い。
    これでは出した中身を別のどこかに放置しそうだ。
    今、引き出しを開けていらないと思ったものを出してみよう。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

あした死んでもいい片づけはこんな電子書籍です

ツイートする