小説の神様 (講談社タイガ) [Kindle]

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 相沢沙呼
  • 講談社 (2016年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

小説の神様 (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • 中学生で新人賞を受賞し、先行作家さんからも絶賛された、
    今は高校生の千谷くんが主人公。

    幸先の良い作家人生の出発だったものの、その後に出した著作は酷評ばかり。
    当然売れもせず、長期のスランプ状態。
    物語を綴る意味も目的も失ってしまった彼の元に、ある作家との共作の話が。

    その作家とは同い年の人気作家、小余綾詩凪。
    どんどん本が書けて、しかもそれが売れて、なおかつ外見も良く学業の成績も
    良いという、非の打ち所の無い彼女。

    冴えない男子と完璧な女子。
    これは相沢さんのよくあるパターンで、あぁ、またこれかと。
    うん、そう思ったんだけど、この本に関しては本当にこの設定でよかったな。
    これまでで一番しっくりきた。

    小説とは何か。小説を書くとはどういうことか。なんのために書くのか。
    ひとはなぜ「泣ける」本を読みたがるのか。
    そのあたりを軸にしつつ、書く側の苦悩・葛藤・苦しみを存分に描いている。

    物語の大半の間、主人公はとてもネガティブで、他人にあたってしまったり
    傷つけてしまったりする。
    正直読んでいて辛くなることもあるし、こんな主人公には共感できないって
    思う人もいるだろう。
    でも、現実に身近に居るような人物なんだよな。
    例えば自分とか。他人が知らない本当の自分とか。

    読者も苦しい部分を一緒に味わって、しっかりと結末に向かっていくといい。
    そうするだけの価値のある一冊だと感じた。

  • 出版業界の闇を感じられる,なかなか深い作品。主人公の千谷一夜があまりに卑屈に思えるけど,当事者にとってはあれくらいがリアルなのかもしれない。担当編集の力量・考え方にも左右されるだろうし,理不尽で厳しい世界なのだろうなぁと感じた。一般大衆のカジュアルな悪意は,極めて深刻だが,これが人間(日本人)の本性なのかもと思って,悲しくなる。極めて愚か。

  • 若年小説家(高校生)が、作家として小説を書けなくなる中、転校してきたこれまた人気作家である女子高生との間で巻き起こるスランプ克服の物語。
    今一つ盛り上がりに欠けるところがあったかなぁ~
    作家の苦労はわかるけど、読者に何を伝えたいか日々悩みつつ素晴らしい感動を与えるような小説に会いたい。
    小説の神様はいるのか?!
    神頼みの小説か?

  •  率直に言って、読んでいる最中は不快感というか、息苦しさやもどかしさを感じることが多かった。なぜなら、主人公には「書く」って才能があることが示されているのだから。なんでそこまで卑屈になるの? なんなの? 売れないってそこまで大変なことなの? と。だって主人公は学生で、母親が仕事をしているのに、どうして?
     もっと文章が下手で下手でしょうがなくて書く情熱がある……いやそれヒロインか。
     そういう意味で分業がきれいになされているんだけれども、主人公の鬱屈が後ろ向きすぎて、せっかくの暗い熱情が地味になってしまっている。どうせ鬱屈させるなら、もっと鬱屈させてもいいんじゃなかろうか。ため込む方向で。
     ただ、「売れる作品を書かなきゃいけない」という思い込みから、「これは面白いから書きたい」とぱぁっと開く感覚は好きだ。

     新開誠監督でアニメ化されたらウケそう。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

小説の神様 (講談社タイガ)はこんな電子書籍です

小説の神様 (講談社タイガ)の文庫

ツイートする