ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版 [Kindle]

  • 422人登録
  • 4.02評価
    • (31)
    • (44)
    • (25)
    • (2)
    • (0)
  • 52レビュー
制作 : Yuko Matsuoka 
  • Pottermore from J.K. Rowling (2016年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
宮下 奈都
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版の感想・レビュー・書評

  • じたばた悩んで生きて、ときには感情を隠さず、
    寂しさや孤独など逃れられない人世の苦しみの中でもがいて、
    それでも努力し、知恵を絞り、戦い続ける主人公たちの姿。

    今作は(今作に限らないかもですが)、大人も子供も一生懸命なところが素敵です。
    今のティーンズにも、昔のティーンズにもおすすめです。
    自分から逃げず、いまを生きよう、というメッセージ。


    話の構成を見てみると、
    小説本編に比べるとどうしても、
    並行する伏線の数や登場人物の数が少ない
    (台本形式のため複雑性を故意に省いている)ので、
    筋というかネタというかオチは早い段階で読めちゃうかもです。
    カンのいい人は50ページ行かないうちにわかるかも。


    しかし、それを差し引いても、ハリーポッターシリーズの世界観が好きな人は、
    孫世代の活躍や友情にわくわくしたり、親子のやりとりに胸ときめいたりします。
    メインではないので描写は少なめですが、親世代や学校教師陣も少し登場します。

    ……つまり、作者のJKRさん、どうもありがとうございます。

  •  舞台の脚本とのことで、7巻までの本編の物語と比べるとどうしても本としては見劣りしてしまうが、キャラクターやハリー・ポッターの世界観が好きな人ならば楽しめる作品だと思う。

     かつて「子世代」だったキャラクターたちが、少しずつ親となっていく姿が見られる物語。それはもうハリーは一筋縄じゃいかないよなぁ……。次男のアルバスの動きが中心となる本作だが、他の子たちとの関わり合いももう少しいろいろ見てみたい気持ちになる。
     スネイプ先生がとても好きなので、かっこうよさに改めてぐっときたし、嫌味の言い方が相変わらずなのもたまらなかった。もっと彼の活躍が見たかった!
     ドラコも、本作でだいぶ(妙な言い方になるが)救済されたように感じた。スコーピウスと若干ぎこちなく接しながら歩み寄るあのシーンがとても好み。そして、ポニーテールなのが完全に私の嗜好に合って嬉しくなってしまった。
     いろんなロンとハーマイオニーのパターンにはやっぱりにやにやしてしまう。
     また、ダンブルドアやジェームズ→ハリー間でハリーが受け取った諸々が、ハリーとアルバスの関係性に色濃く反映されているのが感じられるのもおもしろかった。
     何より、アルバスとスコーピウスは本当に、お互いがいて、友達になって良かったなぁと思う。

     舞台という性質上どうしてもひとつひとつのエピソードが短く軽くなってしまうのがちょっぴり物足りないが、またハリー・ポッターの世界に触れることができてよかった。

  • ヴォルデモートとの戦いから19年。青年だったハリーも二人の息子と娘の三人の子供に恵まれ、次男坊アルバスは興奮と期待、そして不安に胸をいっぱいにしながらホグワーツ特急へはじめて乗車するところから物語は始まる。₍長男はハリーに似て優秀だと周りは言いますが私的にはジェームズにそっくりな気がする₎ホグワーツ特急でアルはスコーピウスという同年の少年と出会う。彼と同じコンパートメントに入ろうとするとロンとハーマイオニーの娘で同じく同年のローズが彼との同席を拒否する。スコーピウスはマルフォイの息子で噂では逆転時計で過去へいきヴォルデモートとマルフォイの妻の間にできた子供だと言われていた。二人は有名な両親をもった者同士の気安さで距離を縮め、いつしか親友になっていた。優秀な兄と比べられ、偉大な父を引き合いに出され、多感な時期のアルはいつしかハリーへも反感をあらわにしていく。そしてハリーの元にも問題は持ち込まれていた。セドリックの父に逆転時計を貸してくれと懇願されたのを断るうちに、二人は大きな溝を呑み込むことになる。その話を立ち聞きしていたアルはスコーピウスを巻き込んでセドリックを助ける計画をたてる。偉大な父の歴史の中の唯一の間違い。それを正すことでハリーに認めてもらいたい。そんな感情と、父に対しての劣等感、愛情、反発、越えたいと願う少年の心が混ざり合ってことは複雑に膨らんでいく。セドリックの父の姪だと名乗るデルフィーの協力の元、ハーマイオニーが隠し持っていた逆転時計(違法道具として取り締まったものを壊さず保管していた)を手に入れ、三人はセドリックを助けるために動き出す。それと時を同じくしてハリーの額の傷が痛みだす。果たしてアルはセドリックを助けられるのか。ハリーは傷の痛みだした理由を解き明かせるのか。何よりこじれた親子の関係を修復できるのか。

    最初は脚本ということもあって読み慣れなさから進まなかったのだが、それも10pもかからず慣れた。あとは親しんだハリーの世界で、最近スキャマンダーの方の映画も見たからかとてもすんなり呼吸していられた。こじれた関係の二人は見ていてやっぱり苦しいし、ハリーの過酷だった(でも最高に楽しかったとも思う)青春をみてきたものとしては、年齢の近さからいってもハリーに共感しながら読み進めた。それにしてもマルフォイの大人になった姿に胸が苦しくなった。彼もまた過酷な青春のなか、共有できる友もなくよくここまで頑張ったよな。愛された人は、それがどんな愛であっても人を愛せるものなのかもしれない。本人の力も大きいだろうけれど。
    ハリーたちに過去の清算をする彼は、とても愛情深い人間に成長できたのだと思う。

  • 愛蔵版が楽しみ!

  • まさかポッターの子:アルバスが、ドラゴの子:スコーピウスと親友になるなんて驚きです。そして息子たちを介しながらポッターとドラゴ、ひいてはハーマイオニー、ロン、ジニーが仲間と言い合える関係が見られるとは涙モノでした。
    内容はよくありそうなアルアル隠し子話を発展させたものですが、セドリックを救うという最初のテーマは良かったな。セドリック、本編で不憫だと思っていました。
    あと、ロンとハーマイオニーの中睦まじさがどの時代へタイムスリップしても一様に感じられてじんわりします。
    脚本形式なので読みづらい感はありましたが、慣れると普通にハリーの世界へ入り込めました。楽しかったです。

  • ■所要時間
     2時間程度
     一気に読み切りました。

    ■こんな人におすすめ
    ・ハリーポッターシリーズを読んでいる人
    ・ハリーポッターの後日談を読みたい人

    ■概要
    ハリーポッターと死の秘宝から19年後の物語です。
    ハリーが成長して、お役所勤めの3児のパパになっています。本作の主人公はハリーではなく息子(次男)のアルバス。
    「ハリーの息子」という重圧に押しつぶされそうになり、劣等感を抱くアルバス。ハリーも息子とどう接すれば良いのか分からず、苦悩しています。
    ホグワーツでの仲間との出会いや冒険を通してアルバスは成長し、ハリーも息子との付き合い方を学ぶというストーリー。

    ■感想
    演劇台本の形式をとっており、小説よりも物語の密度は濃いと思います(展開が早すぎると思う人もいるかも)。
    松岡佑子さんの素晴らしい和訳と、本編に負けないストーリでするすると読めました。
    物語全体を通して仲間との絆という所に焦点が当てられ、重厚な群像劇が展開されていると感じました。
    但し、ハリポタ本編を知らないと話について行けないので初見の方にはオススメできない。

    #10,000冊PJT

  • 脚本形式であることを残念に思いながら読み進めたけど、脚本になってもハリポタワールドは健在で、ドキドキワクワクしながら読み進めた。
    小説で読んだらもっとおもしろかっただろうに、そこはやっぱり残念。

    スネイプ教授がどの世界線でもかっこよくて、まんぞく。あとローズにめげずに想いを寄せるスコーピウスが微笑ましい。がんばって結婚まで漕ぎ着けてほしい。

    脚本形式がなんにせよ残念で☆4にしたけど、小説で出たら満点!

  • あの複雑で長かった本編をところどころに登場させて、上手に今回の話に織り込んでいるのが凄い!そしてタイムリープ好きな私にはたまらない内容。二時間で一気に読んでしまいました。ハリーとドラコの関係も良くなって、それぞれの親子関係も良くなる。心がほっこりしました。スコーピウスが良い子で泣ける。スネイプの気持ちがアルバスに伝わって、報われた気がします。

  • 非常に懐かしいハリーポッターの世界。
    脚本形式で読みにくいし、そもそも最後まで読んでなかったからわからないことがいっぱいあったけど、十数年前の自分が大好きだった世界に改めて浸れるのは、やっぱりいいね。

  • とても優しい話、という印象。
    本編で不遇だったキャラクターに光を当て、本編で語られなかったり、描写が少なかったりした部分を、未来から補完する形で物語が進んでいたと思う。
    (主人公がスリザリン生なのも象徴的だった)

    小説と、劇の台本という媒体の違いはあるけれど、全体として本編と同じトーンで描かれていて、楽しんで読むことができた。

  • さすが、ハリポタ

  • 本気の一気読み。
    2時間くらい?
    舞台って、本とか映画と違ってストーリーを完全に追えない仕組みだから大変だなあ。
    どの場面を表現するか、その選択とても難しそう。
    ドラコとハリーの友情とか、別の物語でもソワソワしちゃうロンとハーマイオニーがいいね。
    あとスネイプは全開でかっこよすぎた、、、
    スコーピウスとローズが仲良くなるといいな。
    デルフィーはなんだかなんだかだけど、、、

  • シナリオ形式とは思わず。
    最終場の「美しい丘」って石田衣良もびっくりだね。
    アルバス・セブルス、映画の最後の感じだと長男かと思わせられていたので(まああいつが両親の名前つけないわけないんだけど)、ちょっと驚きました。
    マルフォイと友情でほほえみあう…みたいなの、蛇足だったんじゃないでしょうか…

  • ハリーの子供世代の物語。
    時間を巻き戻して未来をかえようとして冒険が始まる。
    なんでそんなことするの、と思うようなことをしたり、ほんとに未来が変わってしまうのかなとハラハラしたり。
    子供たちがハリーたちがそうであったように知恵を使って、助け合って正しい方へ冒険していく様子が面白い。
    あとちょっとずつ昔のことも出てくるから、あ〜そんなことあったなぁと思い出して楽しく読める。
    次の物語も出てほしいなぁ。

  • ◆◇◆ハリーのこども達が大活躍◇◆◇

    読むかどうか悩みました。シリーズ最終作品『死の秘宝』が全体を締めくくった素晴らしい終わり方だったので蛇足のような気がしてしまって…。更に作者以外の人物により書かれているとそれはシリーズとしていいのか解らなくなってきました…。でも、連載が終わった直後、作者が登場人物のその後の構想があったといっていたのでやはり知りたいと思い手にとりました。

    脚本なので文体が独特で今までとの違いに戸惑いますが、その分読みやすく長さも丁度いいです。読み始めるとホグワーツの世界に懐かしさを感じどっぷりとハマってしまいました。

    内容は究極の反則技『時間』の話になるので意見があるかとは思いますが、だからこそできる話が展開するのでとても面白いです。

    主人公のハリーの子供を中心に大人になったハリーたちも大活躍。シリーズが好きな方なら楽しめると思います。

  • 台本形式だけど、すぐ慣れて一気読み。

    マルフォイ一家が好きになりました。
    ドラコ、いい大人になったなぁ。。

    スネイプが出てきたのも嬉しいけども、
    「我輩」て言わなくなってることに違和感。笑
    アルバスと会ってほしかったなぁ。

  • ハリーの父親としての葛藤が見られて新鮮だった。
    脚本のような形式でほぼ会話のみのため読みにくい

  • 小説本編と比べると最初は感情移入しにくかったけど、物語が進むにつれて急速にページをめくる早さが早くなりました。ネタバレは伏せますが、知ったキャラが複数出てきた(ハリーポッターおきまりの、ここで伏線!?)のようなものもあり、しっかり楽しめました。

  • 脚本なので、ほぼ台詞なのですが、しっかりと今までのストーリーを踏襲した展開と、時間が流れて家族愛に苦悩するハリーが絡み合い、最後まで楽しんで読めました。息子との関係に悩む父親は、一読の価値がありますよ。

  • 脚本で読みやすい。映画を見たことがあれば、長い文章が苦手な子でも読めるのではないかな?と思いました。

  • これまでのシリーズとは一味違います。
    家族愛がメインです。

  • ネタバレ ト書きがあって、台詞仕立て。
    舞台版の脚本ってことで、どうかなぁ・・・って思ったけど
    読み始めたら、一気にハリーの世界に戻って行った^^
    セドリック、ジェームズ、リリーの事件をはじめ、思い出す。。。思い出す♪♪
    2番目に戻った世界、超こわ~。
    でも、スコーピウス、やるじゃん^^
    ドラコ、結局やっぱり、悪者返上!?
    アルバスも、ハリーも・・・・みんながんばって、生きて!!!

  • 2016/11/25e-honで購入。
    父親と息子の問題が主題
    ハリーとアルバス、ドラコとスコーピウス
    英雄とその息子、傲慢な嫌われ者とその息子。
    英雄の中に、何時も不安を抱える姿。
    傲慢さの中の優しさを知ってる息子。

全52件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版を本棚に登録しているひと

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版を本棚に「積読」で登録しているひと

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版の単行本(ソフトカバー)

ツイートする