響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 64人登録
  • 4.20評価
    • (7)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 柳本光晴
  • 小学館 (2016年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • なんかもうとにかくハラハラするな。
    どう生きてくればこんな風になるのだ?
    お母さんなんかまともそうだしな。
    家庭環境とかではなく完全に生まれ持ったものなのか?
    確かにものすごいいい子。
    才能もある。
    だがどこかがぶっ壊れている。
    今はいいが、このままだと絶対に誰かに殺されて人生が終わるな。
    ハラハラする。
    そしてリョータくん。
    気持ち悪い。
    こっちもハラハラする。
    もうなんか色々怖い。
    この作品どこに向かっていくのだろう?
    ちょっと今までになかった感じで超面白いな。
    目が離せないわ。

  • 4巻まできました。
    「アマデウス」の中で「サリエリ」が大好きな私でしたので、どうしてもリカちゃんを応援したくなる!リカちゃんの小説、面白そうだよ。
    16歳で芥川賞と直木賞なんて、狙わなくていい。リカちゃんはリカちゃんでがんばってほしいなあ。
    そして、吉野桔梗さんも大好きです。もしかして、江國香織さんとか、こういう人だったりして?と思ったりして…

  • 読んでいてワクワクした。これからの展開がとても楽しみ。

  • このキャラ、好きだわ。確固たる自分を持っていて、素晴らしい。先が楽しみ。

  • 文学界に激震を走らせた響が普通に女子高生やってる姿に違和感を覚えながらも、知らなきゃ普通にどこかで生活してるわけで、当たり前か。と、納得もする。学校祭という行事に参加することもできるのね。と、不思議な気持ちになるが、担任が感じ悪い。「一人で本を読むのは悪なの?」とずばりと言い切る響がかっこよい。自分の価値観を押し付けるな!と。「ただ、好きな女の幸せを一番に考えてるだけです」幼馴染の涼太郎が思いの外ストーカーで気持ちわるかった件。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

響~小説家になる方法~(4) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする