甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 84人登録
  • 4.25評価
    • (12)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 雨隠ギド
  • 講談社 (2016年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お料理会、すっかり大勢でやるのが普通になってきましたね。とうとうケーキまで作ってしまいました。
    もう何でも作れちゃうんじゃないかと思うぐらい。
    すっかり、料理上手なお父さんです。

    子供に対して手紙を書くのは職業柄なれているかと思うのだけど、我が子に書くのはやっぱり違うのかな。
    でも、私自身のことを考えると、やっぱり子供たちに手が身を書くのはかなり考えるから…どっちにしても難しいことなのか。

    ママの居場所も、彼女なりに整理がついてきたのかもしれません。いなくても、いる。

  • つむぎも卒園。で、最近の幼稚園はイベント盛りだくさんっぽ。自分の時も以外とあったのかもしれないけど、あんま記憶ないもんだ。は、さておき。肉星人だったつむぎさんも気がつけばすっかりお姉ちゃんで。こうやって大きくなっていくのかーと思うとなんだか感慨深いものがある。「おいしいものは元気が出ます」食いしん坊星人の小鳥さんはいつだって食べることから離れられない人ではあるものの、食べることを大事にする人に悪い人はいない。とは、思う。小学生になったつむぎさんと小鳥さんとの関係は変化するのかなー。

  • 「誰かと作って食べたい」本、もう7巻
    (お弁当箱付きは買わなかった)
    アニメも素晴らしいです。おとさんと一緒に泣きそうです。

  • 完結巻なのかと思わせられた…

  • とっさにばあばを間違えてしまうところ、ベッドでお絵描き、せつない。
    そして卒園。

  • つむぎが大きくなっていく。
    ママと向き合えるように強くなってる。

    各編ごとにじわぁーと温かいものがこみ上げてくる好きな巻でした。

    小鳥ちゃんの次の道が決まったら最終回になるのかな...。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)のコミック

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする