Number(ナンバー)906号 ポルトガル 涙の初戴冠。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 文藝春秋 (2016年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910268540766

Number(ナンバー)906号 ポルトガル 涙の初戴冠。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))の感想・レビュー・書評

  • Cロナウド戴冠。これでメッシとの対比で一歩リードかな。
    同時代で見ている自分たちは、好みとかの印象度が入ってくるだろうけど、後世の人たちは、結果で判断するしかないので。
    そこで、うるさいことを言えるような、生き字引みたいな観戦歴になりたいものです。

  • EURO2016の結果特集号!
    今回は、活躍しなかったけど、C・ロナウドの夢が叶った大会だと認識。
    トーナメントには運が必要とも思った。ポルトガルは恵まれていた。見る側としては1回戦から好組合せが多く、ずっと楽しめる大会だったと思う。

    そして、小国の躍進ぶりも新鮮だった!

  • 2016年の二大スポーツイベント、ユーロ2016のレビューとリオ五輪期待の日本人選手紹介という構成。
    最後はロナウド凄いよなという思い出と、これからの暑い夏への期待。

  • 個人的には今回のEUROはイマイチ面白くなかった。

  • 予選3引き分けのポルトガル優勝で幕を閉じた2016ユーロの総括号。
    904号でルイ・コスタがインタビュー内でユーロ2004当時に並ぶチームと評していたことを思い出しました。

    強く印象に残った記事は無かったけど、アイスランドの国内熱狂の記事は面白かった。

    イニエスタのトルコ戦でのプレーに魅せられ、スペイン押しでしたが残念・・・。グリエスマンはCL決勝に続いて決勝での敗北、今後が気になるフットボーラーです。

    ところで4年後の開催地はどこ?

全5件中 1 - 5件を表示

Number(ナンバー)906号 ポルトガル 涙の初戴冠。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Number(ナンバー)906号 ポルトガル 涙の初戴冠。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「積読」で登録しているひと

Number(ナンバー)906号 ポルトガル 涙の初戴冠。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする