気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫) [Kindle]

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 村瀬秀信
  • 講談社 (2016年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (211ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雑誌「散歩の達人」に連載していたエッセイをまとめたもの。チェーン店という着目点は非常に素晴らしいのだが、いかにも雑誌の締め切りに追われてひねり出したとしか読めないエッセイを単行本で読まされるのは楽しいものではない。2、3の良編を除くと、総じて店や料理に対する愛が足りない。この本を読み終わって真っ先にすることは、本棚にある適当な「丸かじり」シリーズを読み返すことだろう。

  • メタファーが多くて読みにくいが、筆者の引き出しの多さは理解できる。行ったことのないチェーン店もいくつかあったが身近な話が多いので、誰が読んでもそこそこ楽しめるだろう。

  • 小さいころ、外食といえばファミレスくらいしかなかったし、学生時代もチェーン店には大変お世話になった。そして今も、結構お世話になっている。気取りのないタイトルに親近感をおぼえて一気に読んだ。

    著者の村瀬さんとは同い年だけあり、感覚が似ている。日本上陸して間もないマクドナルドに初めて行ったとき、私もアップルパイを食べて「この世にこんな美味しいものがあったのか!」なんて感動したものだった。関東ではよく行ったけど広島にはないお店もたくさんあり、なんだかすごく懐かしかった。鳥良とかフォルクスとかビリーザキッドとか。どれも大好きだったなぁ。

    切れのいい文章でたたみかけるように笑わせてくれるのだけど、「ファミール」の章だけはちょっとちがった。お父様が末期の肺癌と宣告された病院の帰りに、村瀬さんは昔家族でよく来た「ファミール」に寄る。昔、"飛び上がるほどウマいと感じた"ハンバーグがそれほどでもない。

    "本当に何もわかっていなかったのは俺の方だった。
     父と母と妹と自分。家族が揃ってメシを食べられたことが、今となってはどれだけ貴重な時間だったのかと思い知らされる"

    私はこの章を、福島の実家で両親や妹と久々にゆっくり過ごした後、帰りの新幹線で読んだ。村瀬さんの言葉が、強い実感として体の中に流れ込んできた。何を食べるかより、誰と食べてどんな時間を過ごすか。そういうものをひっくるめて味の記憶がかたちづくられるんだろうな。

    続編も出るようなので、楽しみに待っています。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)の単行本

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)の文庫

ツイートする