「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]

  • 21人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 津田尚克 
出演 : すずきけいこ  小野大輔  櫛田泰道  滝知史  佐藤利奈 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111906403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 女がいないのでしょうね…AIに入れ込み過ぎなストーリーに冷めてしまいました。
    一回見捨てたけどどうしても気にって戻る、とか欲しかったです。星が好きだった母との記憶とか、形見のペンダントとか、ロマンチックだわね。
    あと途中で気付きおセンチになる、なんと松菱だったとは…

  • 2016年7月から8月までWebアニメとして配信された「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」全5話を収録。2004年に発売されたKeyのPCゲームが原作です。他のKey作品がアニメ化され脚光を浴び続けるなか、12年待って、やっと「ほしのゆめみ」にも光が当たりました。ゲーム版でも泣きましたが、アニメ版も泣かされてしまいました。本作は、ゆめみ視点で描かれていますが、屑屋視点+続編の「星の人」が劇場版として公開されてます。セットで鑑賞したい作品です。

  • 切ない。プラネタリウム行きたくなった。

  • アニメ全5話視聴。世界大戦後、捨てられた街のボロボロのデパートで一人、いつまでも客を待ちプラネタリウムの案内を続けるロボットの「ほしのゆめみ」と、そこに現れた街に残された資源を回収し売ることで生計をたてている「屑屋」のお話。
    ロボットゆえの純真で無垢な受け答え、非情な現実とのギャップから屑屋さんも視聴者も回を追うごとに養いたさゲージが貯まりメロメロ必至であった。
    実際のところあんなに硬派であった屑屋さんも気が緩めば「あ、一緒に暮らそ…」といった趣旨のことを考えてしまう始末であった。

    最終回でゆめみが今まで「自分はすこし壊れている」と言っていた理由が語られるシーンはあまりに切なくホロリと…

    ちょっと疑問なのは街が捨てられたのは汚染系のなにかだとして、なぜ雨が振り続けるのか?ゆめみに対しては電池問題がシビアなのにいつも巡回してる戦闘ロボットは電力はどうしているのか?電力供給システムを保守してるやつがいるならなんで街を守っているのか?とか。

    結局触れられなかったので、2016年9月上映の「劇場版planetarian~星の人~」でこれらの疑問が解決されればまた最高かしらと。時間軸がどうかは知らないが一応続編らしい。観に行かねば。

    最後に、公式サイトの出来がいいので書き留めておく。

  • ディストピアに束の間の安全地帯。
    プラネタリウム行きたくなった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする