進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 164人登録
  • 4.20評価
    • (21)
    • (18)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2016年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。

  • 惰性で読んでいるなぁと思っていたはずなのに20巻は急ピッチで進んで興奮した。
    これ班の頭脳的なリーダー2人抜けたけど大丈夫なのか…。ここに来てまさかの初期のフラグを回収したジャンがサブリーダー(アルミン的なポジション)を取ってハンジがリーダーに…?
    ここ追っ払えば全てがわかるという最終章直前といった雰囲気。
    ズルズル延命しないでこのまま潔く終わって欲しい。死ぬ人はあっさり死んでいくのもこの作品の魅力だと思うから(感動の為に意味なく死ぬのはなしで)

  • ほんとに心臓バクバクさせながら読みました(笑)。
    エレンたちがそう簡単に負けるわけないと思いつつ、どうにも不利すぎる状況が続くので。

    でもまだ決着はつきません。

    アルミンは死んでしまった……んですよね?
    あれで生きているとは思えない。
    でもちょっとでも息があれば、リヴァイの持っている“注射”で復活……という可能性も?

  • 20巻にして初めて最高だった

  • ついにアルミンが死んだ。超巨大巨人を倒すためにはあまりにも大きすぎる犠牲

  • 夢を諦めて死んでくれ……な、20巻。相変わらず戦局は不利。しかし、巨人の言葉も引っかかる。正しいのは果たして巨人か人間か。

  • 凄い闘いの連続だった。一気に読み切った。

  • いやもう辛い。ドキドキわくわくするよりただただ辛い。自分は間違いなく生きてるのに死んだような気分になる、そんな最新刊。
    頼むから兵長、アルミン生きててくれ。

  • 大きく動く、んだけど
    この後何があっても調査兵団壊滅してしまっては。
    …いや、穴は塞いでライナーもベルトルトもジーク戦士長も倒すか引き返すかしてくれたら目標の戦果は上げたってことになるのか。
    エルヴィン抜きでの政治劇が心配

  • 圧倒的な巨人との戦いがよみがえっている。
    無慈悲で逆らえようのない死に直面している。
    時間を削られていくヒリヒリ感が面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

進撃の巨人(20) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする