The Lobster [DVD] by Colin Farrell

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : Yorgos Lanthimos 
出演 : Colin Farrell  Rachel Weisz  Jessica Barden  Olivia Colman  Ashley Jensen 
  • 2016年2月8日発売
  • Amazon.co.jp ・映画

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

The Lobster [DVD] by Colin Farrellの感想・レビュー・書評

  • 観始めて5分でその映画が大好きになるかどうかわかる時がある。この映画もそうだった。

    独身者はとあるホテルに集められ、45日以内にパートナーを見つけないと動物にされてしまう世界。
    もし動物になるんだったらどれがいいと聞かれ、主人公が答えた動物がロブスター。それがタイトル。

    私たちのリアルな現実でも独身者の肩身は狭く、ひとりは寂しいでしょやら、後が困るよやら、若者の恋愛離れが進んだのが問題だやらで、パートナーを持つことを推奨されている。独身者本人もどこかでそちらにあるはずのいろんな意味での『安心』に憧れているからよけいに息苦しい。

    そんなことを思っていたから、けっこうすんなりこの映画の奇妙な世界に入れた。
    ‘動物’にされちゃうんだってー。どうよ?
    ...逆に幸せかも。
    主人公たちはもちろん動物になりたくなくて、彼らなりの努力と計算をするんだけども...というお話。

    全体的にブラックユーモアがあふれてて面白かった。
    陰鬱な雰囲気は観る人を選びそうだけど。

    投げっぱなしのラストは観た人間の人生観、人間観が問われそう。

    でも見終わって思った。
    「愛ってなんだ」

    他の方がレビューに書いている、ラストが似ている小説は知らなかった。
    だから新鮮に楽しめたのかも。
     
    『ロブスター』のタイトルで日本でDVD 発売されています。

  • 2016/10/24 独身期間が過ぎると動物にさせられる斬新な発想でコメディと思いきや…なかなか分かりづらい変わった独創的な映画だった。
    音楽も良かったが、、映画自体も長く…淡々としたホラーぽい ラブストーリーかなぁ?
    面白かったのか?どうかすら分からないような奇妙な映画だった ラストも春琴抄を彷彿するような…でも その行為の意味が分かり辛いままのラストだった レビューも言いようがない感じです

  • ラブワゴンよろしく独身男女が一つのホテルに収容され、期日内にカップルになれなかったら動物に変身させられるというソリッドシチュエーション。東欧映画っぽい暗い雰囲気で音楽も古めかしい割には、近未来っぽい描写もあったりで、独特の迫力と緊張感を演出するのは成功している。が、設定が狂気じみているのに、登場人物の方も壊れているので、感情移入は不可能。『春琴抄』めいたラストが良かっただけに、普通の人物に演じて欲しかった。☆3.5

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする