獣は月夜に夢を見る [DVD]

  • 28人登録
  • 2.36評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (5)
  • 4レビュー
監督 : ヨナス・アレクサンダー・アーンビー 
出演 : ソニア・ズー  ラース・ミケルセン  ソニア・リクター  ヤーコブ・オフテブロ 
  • TCエンタテインメント (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474176491

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

獣は月夜に夢を見る [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 北欧特有の色の無さというか、質素で地味な白人社会の静けさが漂った作品でした。
    貧乏で素っ気なくて、割と乱暴な白人社会の洗礼的な儀式。寒々しい景色の世界の温かみみたいな感じがしました。
    骨のある女がたくさんいる世界だが、やはり圧倒的に男性上位の世界。強いものが支配する社会だと男の権威を誇示するためであれば、女を肉体的にも精神的にも傷つけるような行為など意にも介さない些末な出来事なんだろうな…
    人口の少ないこんな小さな町だと特殊性がある人間に平穏な暮らしなど見つからないんだろうな…
    握手する場面がとても印象的だった。怒りと欺瞞が静かに渦巻いていた。
    一変してしまった町の目と変化して行く自身に侵食された彼女の心中は自己の存続をかけた戦いを挑んだ。強い女だ。その反面で、娘を案じる父親の愛の深さと葛藤に心が痛む。
    恐怖を排除する…その集団心理こそが彼女の成長を促し事態を悪化させる原因なんだと思う。恐れて遠ざけてしまう前に相対して話してみる勇気…現実社会においても非常に重要な対処法なんだと感じる。

    結構いい作品だった。

  • 主人公の女の子、18歳くらいかと思ったら16歳なんですね。IMDbを見て、びっくり。たしかにまだ少女の体ではあるものなぁ。
    前半、少女の正体が明かされるまでは淡々と進むわけだが、ようやく彼女とその母の姿が分かってくるに従って、この小さな漁村の中で、彼女が子供じみた虐めに遭うのかがだんだん分かってくる。最初、魚の加工場に働き出したときはいったん仲間として受け容れられたのに、そこからの手のひら返しがいかにも田舎の村という感じで、ああ、この映画はホラーというよりは、村八分とかイジメがテーマなんだなぁとしみじみ思ったわけであるね。
    私はこういう話はけっこう好きである。でも、北欧の人たちって本当に干物ばっかり食べてるんだなぁ^^;

  • 2016/11/27 北欧に何か伝説でもあったんだろうか?暗いのは虐め…内容は定かでないけど…夢でデジャブみたいな自分に起きてる事や母親の病気?症状が何なのかが分かりかけて不安を抱く少女に追い討ちかけるような 村人の仕打ち でも、理解して愛してくれるダニエルとの愛情の芽生えは よく分からないが 父親と同じ感情なんだろうなぁ〜1人の人を本当に愛する事 何者であっても
    不思議な映画だけど、僕のエリーみたいにラストも深く追求せずに終わった。

  • 人狼の美少女が人間に恋する悲劇の純愛。
    【ぼくのエリ】に並ぶ傑作。海外でも高評価がこの映画の肩書きなのですが、そういうのには人物相関の描き方が甘いです。二人が如何して惹かれ合ったかの説得力が薄い。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

獣は月夜に夢を見る [DVD]はこんな映画です

ツイートする