Fantôme

  • 317人登録
  • 4.40評価
    • (54)
    • (36)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
アーティスト : 宇多田ヒカル 
  • Universal Music =music= (2016年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988031175255

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

Fantômeの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • http://realsound.jp/2016/09/post-9393_4.html
    このインタビューを読んでいる時に届いた。嬉しい。

    俺の彼女では日本のジェンダー観の歪みが両性ともに苦しめている様子を鮮やかに描き出している。
    二時間だけのバカンスも、テーマは女性の孤独。孤軍奮闘する女性への応援歌だ。もっと正直に生きようよって応援してるみたい。

    上のインタビューでも触れられていたけれど、ラストの桜流しが道へつながるのが好き。

    彼女と同じ時代を生きているのが嬉しい。

    荒野のおおかみを読み直そう。

  • NHKのSONGSを観て借りた。
    昔は苦しそうに歌っていたと指摘があり、
    今はもう少し自然な感じで歌っていると。
    ちょっと声のトーンが低くなってかすれて、
    大人になったことでそぎ落とされた印象。

    亡き母の亡霊、面影を抱いて、一人だけど一人じゃないこの先を生きていく女性の物語。

    真夏の通り雨
    →これまでの王道宇多田ヒカル

    ともだち
    →六本木や麻布十番あたりの大都会の深夜が似合う
    スタイリッシュで孤独


    →始めCMで聴いたときはふーんて思ったけど
    よくよく聴くとアルバムタイトルにふさわしいメッセージ性

    が好きかな。

  • やっぱりこうてしもた.

    Steve Fitzmaurice がプロデュースしてるのですね.重心が低くて音のすきまが絶妙の安定のサウンド.

    「俺の彼女」のオケとバスドラの絶妙なアナログ感.ボーカルとのバランス.どの曲もしばらく聴きこんで楽しめそう.

  • 聴く前から良いことはわかってたけど、実際に聴いてみると本当に素晴らしかった。
    今の宇多田さんは、音楽が好きだから音楽を楽しみながらやっている、という感じがして、見ていてとても嬉しい。
    休止前と比べて、格段に歌が伸びやかになった。
    きっと彼女が生きてきたこの何年かが、音楽に自然と滲み出ているのだろうと思う。
    「花束を君に」は、今年いちばんのバラードだと思う。
    ずっと音楽を作り続けていてほしい人なので、帰っきてくれて本当に嬉しい。
    おかえりなさい。

  • 「道」が特に大好き。宇多田ヒカルの声と歌い方は誰にもできないと思う。切ないし、ハードだし、温かいし、なんなの?この人?って感じ。椎名林檎とかとのコラボはどれも良いです。

  • 某飲料水CMで流れてて、いいなぁ〜〜と思い購入。

    林檎姐さんとのコラボとか私得すぎて、、、!!

  • 宇多田ヒカルのアルバムはFirstLove とDistance しか聴いてなくて、数年後にこのアルバムを聴いた者としては
    年齢を重ねたことが音楽にとって良い変化(進化と言った方がいいのかも)として作用してることが嬉しいというか良いアルバムを届けてくれて有り難うという気持ちです。

    こういう良い変化をする音楽家と自分が同世代で、同じような心境の変化を辿れるのはかけがえのないことだと、こういう音楽に出会うたびに思います。

    それぞれの世代にこういう存在がそれぞれいるんでしょうね。

  • 今までのアルバムの中で一番好きかもです。
    優しさに溢れた作品。

  • 宇多田ヒカル名義では8年ぶりとなるアルバム。朝の連ドラ「とと姉ちゃん」のテーマ曲だった「花束を君に」や「NEWS ZERO」のテーマ曲だった「真夏の通り雨」エヴァ新劇場版で使われていた「桜流し」なんかが収録されています。ちゃっちゃと聴きたかったのですが諸事情でここ最近まで聴けてなかったのでラジオやらYouTubeやらで聞いてしまった曲が多かったせいで結局借りてきてさあ聴けるようになりましたとなった際に目新しさが下がってしまい結局3回くらいしか通して聴いてなかったりします…。

  • 一曲一曲趣が違いなんと豊穣な世界でしょう。
    小田和正が、宇多田ヒカルのサントラ盤を聞いてるようだ。ここにも道があるのかと驚いたと話をしていた。的確ですね。

全32件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Fantômeを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Fantômeを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

FantômeのMP3 ダウンロード

ツイートする