これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫) [Kindle]

  • 22人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 青木祐子
制作 : uki 
  • 集英社 (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 好感が持てる主人公が、経理の立場から社内のトラブルを解決するお話。読後、すっきりする感じ。

  • きちんとした経理課の女子社員と回りの人びとの、やり取りが現代っぽくてドラマにすれば面白いだろうと思う。

  • Kindleストアリコメンド作品。
    青木祐子作品は多分初めて。完全にタイトルに惹かれて購入し
    た作品。経理vs営業というのはどこの会社でも頻繁に存在する
    紛争であり、そのあたりの息詰まる攻防戦が読める!、と思っ
    て購入したのだが・・・。

    正直言えば、タイトルに偽りアリだと思う(^^;)。
    もちろん、生々しくて息詰まるような攻防戦はちゃんと登場す
    るのだが、この作品の主人公はどちらかといえば営業の立場を
    ちゃんと考えてくれる協力的な経理担当。「これは経費で落ち
    ません!」などと言う言葉を発する場面は無く、どちらかと言
    えば「そりゃあいくらなんでも無理だろ?」という経費をなん
    とか落としてくれようとする「神」のような人物。そして美人。
    いっそのことタイトルを「コレはなんとか落としましょう!」
    とかにすれば良かった気がする。編集にセンスが無いのかな
    ぁ・・・。

    まぁ、そういう「孤高のヒロイン」的なテイストに溢れる佳作
    ではあるのだが、いくつか気になった点も。登場人物の固有
    名詞が多々出てくるのだが、人物によって姓で呼んだり名で呼
    んだりとかなりチグハグ。女性ばかりが3〜4人登場し、名字
    や名前が入り乱れた状態になるとかなり混乱する。そのあたり
    をきちんと整理して貰えれば、おもしろさは倍増すると思うの
    だが・・・。

    とはいえ、全般的な印象はかなり「良」。
    他作品のラインナップを見るとラ系の雰囲気が色濃くて躊躇す
    るのだが(^^;)、関連のもう1作品は読んでみようと思う。
    表紙はまぁ、アレなんだけど♪

  • 風呂ソムリエの会社のお話です。青木さんは本当になんていうか、ああ、こういうことあるるとかそう、こういう女性いるよねとか、ああ、自分もこういうことあるとか、そんな感じで女性の描写がうまい作家さんだよなあとおもいます。

全4件中 1 - 4件を表示

青木祐子の作品一覧

青木祐子の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)はこんな電子書籍です

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)の文庫

ツイートする