ファイナンスの哲学 [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 堀内勉
  • ダイヤモンド社 (2016年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (271ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ファイナンスの哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファイナンスというより、そもそもお金とは何なのかの説明から入り、1.お金、2.信用、3.倫理/信頼、4.利子、5.利益、6.価値、7.市場、8.成長/進歩、9.時間、10.資本/資本主義と説明していく。

    お金って何なのかを知りたい人にオススメの一冊。前半で躓きそうであれば2章からでも良いかも。

  • 経済学に思想がないではない。では、その思想とは?を知りたい初学者向け。経済学は数字だけで無味乾燥と思ってる人にオススメです。僕は大学で経済学史のゼミにいたので、たまにこういう本を読みたくなります。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする