ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 寄生生物としての存在意義と寄生獣から見詰めた人間という種のクローズアップされる無象の問い掛け、原作にある寄生獣間にある個体種による差異がある個性の違いの面白さが太田モアレ、熊倉隆敏、皆川良二は素晴らしく描けていて満足な出来。
    太田モアレは自身の作風は微塵もないが見事に原作に寄せており、原作にリスペクトを感じる程に完成度が高い。そして、皆川亮二は自身の作風と原作がこれまた巧く混じり合って作品と昇華している。
    自身のキャラを出してパロディをただ活用しだけの作品を発表した真島ヒロはトリビュートとして正直、いや、はっきり言って駄作で0点である。
    でも、同じように平本アキラも自身のキャラ、パロディを多用した作品ではあるが、突き抜けた感性があって充分に笑わせて貰った。これ、でも一時的にコラでネットに出回っていた漫画の方がはっちゃけていてそちらの方が良かったかな。
    荻尾望都は原作を換骨奪胎した作品でありながらも原作に繋げる手腕が光る作品で並大抵の漫画家には描けない年季を感じさせる秀作。

  • PEACH-PITがよかったが全体的には別に……

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする