マジカル・ガール [DVD]

  • 44人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : カルロス・ベルムト 
出演 : ホセ・サクリスタン  ルシア・ポジャン  バルバラ・レニー  エリザベト・ヘラベルト 
  • バップ (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021145343

マジカル・ガール [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わざと深読みさせる作品。謎のままの部分があるが、実は監督も考えていない、観た人の想像に任せるという大胆さ。監督が日本好きで、『エヴァンゲリオン』あたりの謎の投げっぱなしに影響を受けたんだとか。
    『まどか☆マギカ』、江戸川乱歩『黒蜥蜴』へのオマージュと監督の個人的趣味全開の映画なので好き嫌いは分かれそう。
    少女や元少女(中身は少女の頃のままかも)の欲望への素直さ故の残酷さとでもいうのか、周りがそれに振り回され堕ちていく悲劇はオマージュの2作品に通ずるところがあるだろう。
    魔法少女もののように勘違いされる映画の見た目も、観始めて裏切られたような気分になることも監督は織り込み済みという食えない感じも私は好きです。

  • MAGICAL GIRL
    2014年 スペイン 127分
    監督:カルロス・ベルムト
    出演:バルバラ・レニー/ルイス・ベルメホ/ルシア・ポリャン/ホセ・サクリスタン
    http://www.bitters.co.jp/magicalgirl/

    日本のアニメ「魔法少女ユキコ」が大好きな少女アリシアは実は白血病で余命わずか。元文学教師で今は無職の父ルイスは、彼女が欲しがっているユキコの衣装を買ってやろうと検索するが、これがプレミアつきでとんでもない高額。なんとか金策しようとするルイス。一方、精神科医の夫がいるも、病んでる女性バルバラ。なんかもう説明されないけど色々わけありっぽい彼女が、ルイスと出逢ってしまい・・・

    切り口次第でハートウォーミングにすることも可能な設定なのに、どうにもこうにも、なにもかもが悪いほうへ転がってゆくネガティブなバタフライエフェクト(不幸の連鎖)状態。行動原理が「愛」である以上、誰も悪くはないにも関わらず、登場人物の全員がそれなりに結構クズというこのどうしようもなさ。

    娘の願いを叶えてやりたい父の心情は切ないけれど、ならばそのために別の人間を不幸にしてもいいのか、バーのマダムは「お金やドレスじゃない、パパがそばにいてあげるべき」とアドバイスしてくれていたのに、ルイスは聞かない。一方バルバラのほうも、相当病んでいるにも関わらず治す気があるんだかないんだか、どうやら結婚前に働いていたらしいSM倶楽部のようなところでお金を作ろうとするも、そこの女主人は「やめたほうがいい」と何度も忠告してくれる、しかしルイス同様やはり彼女もこの手の真っ当なアドバイスを聞き入れず自分から地獄へ突っ込んでいく。

    さらにそこに登場する最終兵器ダミアン。名前も不吉だけれど、バルバラの少女時代の担任教師だった彼はどうやら当時彼女との間に何かあったらしく、彼女を熱愛あるいは崇拝しているがそのために何か事件を起こし刑務所にいた過去がある。カウンセリングを受け、無事出所した彼の前に再びバルバラが現れたことで、やりなおせるはずだった彼の人生も真っ逆さま。象徴的なパズル、ひとつだけピースが足りないまま、ほぼ完成しかけたそれを彼は自ら破壊してバルバラのための復讐に向かう。つまり登場人物の全員が破滅型。

    ルイスのしたことも、ダミアンのしたことも、理由は愛だけれど愚かで身勝手。一方でアリシアとバルバラは無垢なようでいて結果的に男を破滅させてしまう魔性の女・・・もとい魔法少女(現役と、元、の違いこそあれ)まさにマジカルガールといったところでしょうか。

    暴力的な内容のわりに、直接的な暴力描写はないのは助かりましたが(その分想像を刺激するけど)、とにかく後味が悪い。登場人物の誰ひとりハッピーになれないし、どこにも救いがないのがなんとも。ただ映画としてはとても面白かったし、好き嫌いで言えば個人的には好きだった。あ、良かった点、アリシア役の女の子が超可愛かった!病気の役ゆえベリーショートにしてたけど色白で線が細くて美少年にもみえるくらい美少女でした。

    余談ですが冒頭でいきなり、80年代の日本の歌謡曲(おそらく映画の中では「魔法少女ユキコ」の主題歌という設定)が流れてアリシアが花を魔法のスティックがわりに踊っているのだけど、この曲がなんと長山洋子の1984年のデビュー曲「春はSA-RA SA-RA」という謎のチョイス(笑)サビには聞き覚えがあったけど、なぜあえて長山洋子?さらにエンディングがかつて美輪さまが映画『黒蜥蜴』で歌った主題歌「黒蜥蜴の唄」のカバー(Song of the Black Lizard)だったのにもビックリ。監督はかなりの日本オタクっぽい。そういえば黒蜥蜴つながりか、SM倶楽部に「トカゲの部屋」があったり、ルイスがPCでユキコについて検索するシーンで検索サイト名が「Rampo」だったりもしました。

  • いろいろレビューを見てしまったから、なんか構えて見てしまったな(^^;)

    確かに訳わからん系ではあるけど、大筋は把握できた。確かに説明不足で放ったらかしかい!ってところも多々あるが、元々説明不足が好きなタイプやからな(笑)

    だから、それほど衝撃的ではなかった…。

  • 2016/11/6 不思議な話 magical本当に物語自体が…アニメファンのアリシアの悲しくも面白い少女の話かと思えば…バルバラがKey だったとは?何故?何があったんだと思わせながら、謎のままストーリーは続いてゆき、不明な点をいくつも残しながら ラスト 因果応報か?なかなか魅せる不思議な映画だった。一つのきっかけを基に歯車が狂う。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マジカル・ガール [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

マジカル・ガール [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マジカル・ガール [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする