犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single) [Kindle]

  • 104人登録
  • 3.35評価
    • (5)
    • (14)
    • (26)
    • (6)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 2016年7月18日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (34ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)の感想・レビュー・書評

  • Kindleでダウンロードしていたらしい。すっかり忘れていた。今、Unlimited でのサービスで無料で読み放題の対象本。「花咲舞は黙っていない」シリーズの短編。暇潰しにどうぞ・笑

  • 花咲舞シリーズ。ドラマで杏ちゃんと上川さんがやってましたね。
    見合い相手からの相談で、舞と相馬が事件?を探ることになるんだけれど、相変わらず派手なミステリでも日常の謎でもなく、お金絡みの事件で好き嫌いが分かれそう。かく言うワタクシはあまり得手ではないのだけど、舞の啖呵の切りっぷりが楽しくて読んでしまいました。

  • 花咲舞を主人公にしたシリーズの短編。舞が義理のお見合いをするという始まりでなかなか面白い。お見合い相手の中小工場の2代目で経理に関して相談を受ける。そこにいつもの相棒、相馬も登場して問題を解決していく。いつものように経済小説ではありながら、銀行や経理に詳しくなくてもまるで推理小説の感覚で読み進められる。ちょっとした時間で楽しめる掌編だ。

  • 池井戸潤初読。

    非常に短い。30分もあれば読み終わる程度の分量。表現力で読ませるタイプの作家さんでないことは明白なので,はっとする一文に出くわすことは当然なく,その短さのために凝った構成になるはずもなく,面白さを理解できないまま読み終わってしまった。初読に選んだのは完全に失敗。

    だが,「連ドラ一話分の脚本」的なものとしてみると,内容も分量も本当に絶妙の塩梅で,最初からそのために書かれたのかな? と思うほど。この前CSで放送があった『花咲舞が黙ってない』2シーズン分を丸一日くらいかけて観たけど,この話はなかった,はず。とにかく,サクッと読んで楽しむにはとてもおすすめの短編。

  • KindleSingles。
    ドラマになった花咲舞のさらに短編である。
    なるへそに続いて池井戸潤2回目である。
    かなり面白い。
    ずっと食わず嫌いで避けてきた池井戸潤。
    2コ読んで2コとも面白い。
    これはもうKindleSinglesではなくてきちんと本編も読むべきか。
    コレがかなり面白かったので、まずは不祥事から読んでみるかな。

  • ドラマの配役が脳裏に浮かんでにんやりしてしまった。舞がフィアンセを助けるべく、彼の会社に乗りこむ、というドタバタ喜劇。でも彼女は彼に気があるのか?なんてことは二の次で、彼女の正義感が実に心地良い。

  • 「なるへそ」の方がオチはうまかったかな。

  • kindle unlimitedにて読む。杏主演で好評だったTVシリーズの一話になりそうな一話。可もなく不可もなくで暇つぶしにはなった。kindleを使うようになってからちょっとした空いた時間でも読書出来るようになった、それも月額料金(現在お試し中)はいるが、無料で読めるというのがいい。

  • kindle unlimitedで読んでみた。
    池井戸さんだから期待したんだけど短すぎる。
    内容は悪くないんだけど、元々短編なんですね。
    もっと読みたい。消化不良です。
     
    しかし、kindle unlimitedは評判通り良くないですね。
    雑誌を読みたい人は、イイかもしれない。
    小説読みたい人は、やめたほうがいいです。

  • 短編。
    銀行員の舞は見合い相手、町工場の二代目社長から経営の相談を持ちかけられる。
    安定した面白さ。
    (電子書籍 kindle)

  • 面白い。
    電車の中で読むには最適。

  • いつもの池井戸節をコンパクトにまとめた短編小説。とても短いので、内容自体はかなり薄いが、サクッと読むには十分。

    経理の不正を扱った本書だが、本編が短いだけにいつもの爽快な読後感は特に無し。ただ、暇つぶしには最適。

    「犬にきいてみろ」

  • 銀行もんが、すきだからかも知れませんが
    池井戸潤は今、人気作家で、殆ど読みました。これは短編ですが、やはり悪をあばくストーリーは気持ちがいいです。

  • 大人気の池井戸潤・花咲舞シリーズの一節。
    Kindle Singleと銘打たれたラインナップの一つで、人気作家の
    短編を切り売りする形態。おそらく数年後にはまとまって単行本
    になったりすると思うのだが、人気シリーズをつまみ食い出来る
    感覚はちょっと嬉しい。

    ドラマで大人気になった花咲舞シリーズだが、実はシリーズと言
    いながらこれまでリリースされているのは「不祥事」一冊のみ(^^;)。
    ドラマはシーズン2まで制作されてるのにもかかわらずネタ枯れ
    しないのは、全然違う主人公が活躍する「銀行総務特命」からも
    エピソードを引っ張っているから。さすがにこれだけ人気が出て
    しまうと新エピソードを執筆せざるを得なくなったんだろうな、
    池井戸センセ(^^;)。いや、個人的には非常に良い傾向です。

    内容はある意味で“タイトル通り”(^^;)。
    すっかり杏のイメージが定着した花咲女史が、相変わらず気持ち
    良い花咲節を聞かせてくれる、痛快経済モノ。なんだかんだでこ
    の分野、完全に池井戸潤の天下だな・・・。

    199円のシングル盤としての役目は充分に果たしている。
    願わくば、コレと他のエピソードをまとめた単行本を早めに出し
    て欲しい。でないと、ドラマのシーズン3が制作出来ない気がす
    るので♪

  • 短編としてはごく普通のできでしょうか。amazon unlimited初体験。

  • Kindle Unlimitedでさらっと読了。花咲舞シリーズの短編。さらっと読めて面白かった。

    こんな感じの小説をさっと探してさっと読めるなら、Unlimitedも結構いいかもしれない。

  • 花咲舞シリーズの短編。工場の経理不正をテーマに、気軽にさくっと読める。ただ短くまとめすぎてしまっていて、他の池井戸さん作品ほどの爽快感は無し。

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)はこんな電子書籍です

ツイートする