犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single) [Kindle]

  • 136人登録
  • 3.30評価
    • (5)
    • (15)
    • (33)
    • (7)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 2016年7月18日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (34ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
池井戸 潤
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Prime Readingであったので読んだ。
    テレビの「花咲舞シリーズ」と同じでスカッとした。
    どれだけ暴言を吐かれてもめげずに言い返す舞の姿が相変わらずかっこよかった!

  • Prime Readingにあったので

  • Amazon primeの新しい取り組みで無料で読めた作品。
    短編ではあるもののドラマを見た記憶が蘇り、出演者を頭でイメージしながら読んでしまう。

  • Kindleでダウンロードしていたらしい。すっかり忘れていた。今、Unlimited でのサービスで無料で読み放題の対象本。「花咲舞は黙っていない」シリーズの短編。暇潰しにどうぞ・笑

  • http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

  • 花咲舞シリーズ。ドラマで杏ちゃんと上川さんがやってましたね。
    見合い相手からの相談で、舞と相馬が事件?を探ることになるんだけれど、相変わらず派手なミステリでも日常の謎でもなく、お金絡みの事件で好き嫌いが分かれそう。かく言うワタクシはあまり得手ではないのだけど、舞の啖呵の切りっぷりが楽しくて読んでしまいました。

  • 花咲舞を主人公にしたシリーズの短編。舞が義理のお見合いをするという始まりでなかなか面白い。お見合い相手の中小工場の2代目で経理に関して相談を受ける。そこにいつもの相棒、相馬も登場して問題を解決していく。いつものように経済小説ではありながら、銀行や経理に詳しくなくてもまるで推理小説の感覚で読み進められる。ちょっとした時間で楽しめる掌編だ。

  • まあまあ。

  • 池井戸潤初読。

    非常に短い。30分もあれば読み終わる程度の分量。表現力で読ませるタイプの作家さんでないことは明白なので,はっとする一文に出くわすことは当然なく,その短さのために凝った構成になるはずもなく,面白さを理解できないまま読み終わってしまった。初読に選んだのは完全に失敗。

    だが,「連ドラ一話分の脚本」的なものとしてみると,内容も分量も本当に絶妙の塩梅で,最初からそのために書かれたのかな? と思うほど。この前CSで放送があった『花咲舞が黙ってない』2シーズン分を丸一日くらいかけて観たけど,この話はなかった,はず。とにかく,サクッと読んで楽しむにはとてもおすすめの短編。

  • KindleSingles。
    ドラマになった花咲舞のさらに短編である。
    なるへそに続いて池井戸潤2回目である。
    かなり面白い。
    ずっと食わず嫌いで避けてきた池井戸潤。
    2コ読んで2コとも面白い。
    これはもうKindleSinglesではなくてきちんと本編も読むべきか。
    コレがかなり面白かったので、まずは不祥事から読んでみるかな。

全23件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)はこんな電子書籍です

ツイートする