野心のすすめ (講談社現代新書) [Kindle]

  • 19人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 林真理子
  • 講談社 (2013年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (121ページ)

野心のすすめ (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野心を持ち続ける事は生きるエネルギーだという話。前のめりで失敗しても、それが失敗だと気づけるのは失敗した者だけだという話や死を意識する事、日記をつける事など色々な偉人が残してる言葉が散りばめられている。成功する人は共通点があるなぁと思える。
    一番良かったのは
    しなかった後悔は日々大きくなるがした後の後悔は日々小さくなるという趣旨の言葉。

  • 著者の今までの生き方から、いかに生き抜くために野心が重要だったのかが分かる内容になっています。野心といっても悪い意味ではなく(悪い意味も隠さず書かれていますが)、それと付き合ってきた著者だからこその野心を、それを持つことの意義をおすすめされています。向上心ともいうのでしょうか。現代の若者から失われてしまったものがここにはあるように感じます。
    野心を持たずに上には行くことができないということが主として書かれています。また野心を持つために必要なことも、それは妄想する力であり、それを持つために本を読むという方法が、著者としてはあったということ。読んで勉強になるところが多くあるのではないかと感じました。

全2件中 1 - 2件を表示

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

野心のすすめ (講談社現代新書)の新書

ツイートする